メインコンテンツへ飛ぶ

澎湖一日コースB

バリアフリー旅行

ツアー特色:

台湾トリップ(台湾好行)媽宮‧北環状線シャトルバスに乗り(ノンステップバスは予約制)、一気に澎湖の名所を満喫しよう。台湾トリップバスは通梁大榕樹(ガジュマル)、大菓葉柱状玄武岩、漁翁島灯台、二崁集落、西嶼西台などのスポットを繋いでいるので楽に回ることができる。午後は市内へ戻って、中央街でお土産を買い、グルメを堪能しよう。

話題タグ

ツアールート

1日目

通天古榕
大菓葉柱状玄武岩
日本の植民地時代に馬公と西嶼の間の海上交通を速やかにするため、大菓葉の辺に埠頭を築きました。その埠頭建築中に、偶然千年以上土に埋もれていた玄武岩が発見されました。この柱状玄武岩は澎湖本島でとても親しまれています。

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:1、自動二輪1台

漁翁島灯台
漁翁島灯台
漁翁島灯台とはすなわち西嶼灯台のことです。西嶼郷外アン(垵)村にあり、清代の1778年に建てられた台湾で最初の灯台で。その歴史的価値は高く、国定古跡に指定されています。 外アンは西嶼西南端の小漁村で、「西嶼頭」とも呼ばれている。台湾のアモイ間の航路の指標になっています。付近の海域は荒れやすく、ここを...

バリアフリートイレ:車いす対応トイレ:1

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:1、自動二輪1台

西嶼西台
西嶼西台
西嶼西台は西嶼郷外アン村東方の海を望む台地にあります。清代の1887年に海防の砲台として建てられた跡です。 四門の大砲があり、城の下には、軍隊が駐屯する山字型の隧道になっています。砲台の壁にのぼって大海を睥睨すると当時、国の防衛にあたった英雄たちの夢の跡をうかがうことができます。

バリアフリートイレ:車いす対応トイレ:1

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:1、自動二輪2台

澎湖二崁伝統聚落
澎湖二崁伝統聚落
歴史の長い澎湖では旧宅を訪ねるのも魅力のひとつです。馬公市の興仁里の進士第、白沙郷瓦かん村の張百萬旧宅のほか、西嶼郷二かん村には旧宅があります。 二かん旧宅は陳家の所属で、五棟の建物からなる邸宅です。門構えや窓枠、それに屋根のスタイルなどはかつての福建省南部特有の風格を備えています。質朴な中にも隅...

バリアフリートイレ:車いす対応トイレ:1

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:1、自動二輪1台

中央街
中央街はかつて「街内」、「下街」と呼ばれていました。ここは澎湖で最初に形成された商業エリアで、十数あまりの路地が交錯しています。現在、街内には明朝、清朝時代の町並みが再現されており、古蹟も数多く残っており、有名な「施公祠」や「萬軍井」、そして清朝光緒元年に建立された「水仙宮」などがあります。 中央街...
最終更新日時: 2019-03-28
トップ 前のページ