メインコンテンツへ飛ぶ
menu 検索

局長からのメッセージ

フォルモサへようこそ

2020年1月から世界各国では新型コロナウイルスの感染爆発が続いており、世界中の観光産業は大打撃を受けています。台湾は防疫に成功し、世界各国と比較しても安全な旅行地となっています。アメリカの旅行雑誌「Global Traveler」により「アジア・ベスト・デスティネーション」に選ばれました。この産業の転換のグッドタイミングを見逃さず、国内旅行市場をより充実させ、同時に国際的なマーケットにラストスパートをかけるため、土台をしっかりと組み立てています。今後、台湾が防疫後に観光大国になることを願っています。

デジタル化、ローカリゼーション化、サスティナブル化といった潮流に順応し、交通部観光局では「Taiwan Tourism 2030-台湾観光政策白書」を持続的に実施し、観光立国および観光の主流理念を掲げています。「組織法制の変革、魅力的な景観スポットの創設、テーマ性のある旅行の整備、観光客ソースの開拓、優良化産業の環境およびデジタル体験の推進」など六つの大きな主軸をもとに、国内旅行の基盤を厚くし、国際マーケットを開拓していきます。台湾の友好的でフレンドリーな人々、豊かな自然、多元的な文化の特色を表現し、アジアにおける良質でフレンドリーな旅行目的地にします。

台湾は宝島で、四季折々異なる文化風情が見られます。持続可能な観光発展の理念を実施するため、2018年の「海湾(海洋)トラベルイヤー」からはじまり、2019年には「小鎮漫遊年(小都市トラベルイヤー)」、2020年には「脊梁山脈トラベルイヤー」を実施し、さらに2021年には「自転車旅行イヤー」、2022年には「鉄道観光トラベルイヤー」、2023年には「跳島旅遊年(島めぐりトラベルイヤー)」および2024年には「博物館観光トラベルイヤー」を迎えます。私たちは毎年のテーマに合わせ、大小それぞれ百の集落で推進していきます。これにより各地域を均等に発展させ、部会を跨って協力を拡大し、観光資源を整備していきます。内外の旅行者の方がより深く台湾を学び、台湾を大切に思ってくれることを願っています。2021年は「自転車旅行イヤー」で、16本の多元的なサイクリング道路が推進されます。自転車の乗車環境のほか、コースやイベントに合わせ、行楽客の方に完全な自転車旅行体験を提供します。これにより台湾の観光がより発展することを期待しています。

台湾観光局では世界各地の台湾好きの方たちがお越しになることをお待ちしています。自転車や鉄道の旅行でも、または島めぐりでも、博物館文化の旅でも、必ずやこれまでとは異なる台湾を発見でき、新しい旅行体験ができます。

  • 2021自行車旅遊年LOGO
最終更新日時:2020-12-22
トップ 前のページ