メインコンテンツへ飛ぶ

観光

小さな町、自然生態、美食、人情。台湾の旅の魅力を体験しましょう!

台湾は南北に細長い島です。面積は約3.6万平方キロにおよび、アジア大陸において東南に位置します。太平洋西岸に位置する東アジアの島々の一つで、北は日本、琉球群島に面し、南はフィリピン群島に接しています。アジア各地へ赴く際の交通の要衝であり、航空路線も四方八方に伸びています。非常に便利な旅行地の一つです。

台湾は豊富な自然資源と人文風景に恵まれています。自然資源としては地層のプレート運動が不断なく行なわれており、複雑な変化に富んだ地形が見られます。高山、丘陵、平原、盆地、島嶼、縱谷、海岸などといった自然景観が豊富です。さらに、北回帰線が島の中を通り抜けており、熱帯、亜熱帯、温帯といった3つの気候区分を有し、それぞれの気候に応じた自然生態が見られます。中でも、原生特有種の比率が高く、タイワンマスやタイワンザル、台湾クロクマ、ミカドキジなどが棲息しています。台湾は世界においてこれらの重要な保育地の一つとなっています。

美しい自然景観を維持し、生態を保護するため、9つの国家公園と13の国家風景区があります。これらの敷地内には素晴らしい自然風景と観光資源が集中しています。太魯閣の迫力溢れる険峻な峡谷、林の間を走る唐山鉄道がある阿里山の日の出と雲海、東北アジア最高峰の玉山と雄大な山々、そして四季折々に変化する景色など。南台湾の墾丁を訪れれば、リゾート気分に溢れ、自由で開放的な気持ちになります。ここは「アジアのハワイ」とも呼ばれています。また、日月潭は山中に光り輝く一粒の真珠のようです。湖と山が融合した景色は感嘆の声が止まらないはずです。花東海岸と縱谷には東台湾の汚染されていない自然景観が残っています。離島の金門や澎湖には、特色ある歴史や文化の史蹟が独特な風情を作り出しています。
さらに、異なる民族が暮らす台湾では、民俗学的にもさまざまな特色が見られます。宗教や信仰、建築、言語、生活習慣、飲食などでも、さまざまな要素が融合し、魅力溢れるものを作り出しています。中でも、「美食」はこうした特色がはっきりと表れたもの一つです。台湾では台湾料理をはじめ、客家料理、湖南料理、四川料理、日本料理、韓国料理、また伝統的な屋台料理、郷土料理など、バラエティに富んだグルメを楽しめます。世界的にも「美食王国」として評価されています。

トップ 前のページ