メインコンテンツへ飛ぶ

東部エリア

東部エリアは花蓮県と台東県の2つの県・市を含みます。山と海に面し、地理的に優れた場所です。かつてポルトガル人が台湾東部を通過した際、壮麗な山河の景色を目の当たりにし、「FORMOSA(フォルモサ、美しい島の意味)」と叫んだと言われています。このことから、台湾は「フォルモサ」と呼ばれるようになりました。ここでは台湾東部の美しい自然景観を眺められます。東部エリアは豊富な自然生態と長い歴史をもつ農業文化を擁し、純朴で善良な人たちが暮らしています。またの名を「台湾の裏庭」とも言います。ロハスでヘルシーな旅をするのに適した土地です。ぜひ行楽客の皆様もこの清らかな土地を歩き回り、ゆっくりと深呼吸をし、甘くて美味しい空気を存分に吸いましょう。ここではロングステイすることをおすすめします。

太魯閣公園は必ず訪れるべき景観スポットです。ここは峡谷景観と雄大な山河の景色で知られています。到る所で原始の険峻な地形や不思議な地質景観を目にすることができます。東部に位置する秀姑巒渓はくねくねと曲がりくねった河川で、海岸山脈を突き抜け、峡谷や曲流を形成しています。エキサイティングで挑戦しがいのあるラフティングボートは無数の若者たちが体験しに訪れます。

トップ 前のページ