メインコンテンツへ飛ぶ

篤行十村眷村文化園区

澎湖県バリアフリー旅
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 篤行十村眷村文化園区
  • 篤行十村にある小屋
  • 潘安邦(パン・ アンバン)記念館
  • 張雨生(チャン・ユーシャン)記念館

澎湖篤行十村は台湾で一番古い眷村(外省人が居住した村)で、特徴的な外観や歴史背景が色濃く残る寮多く残っています。また、「おばあさんの澎湖灣」が大ヒットした歌手『潘安邦』、と「私の未来は夢じゃない」の歌い手『張雨生』が幼少期をここで過ごしており、二人の実家が芸術展示空間と記念館へそれぞれ改装されています。

営業時間

張雨生記念館、潘安邦記念館
4月-9月 08:00-12:00、14:00-18:00
10月-3月 08:00-12:00、13:30-17:30

 

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

馬公市区-県道203線-治平路-民族路-介壽路

公共交通機関:
  1. 飛行機で「澎湖空港」へ。
  2. 船で「馬公港」へ、徒歩約8分。

バリアフリー交通情報

公共交通機関:
船で「馬公港」へ、徒歩約8分。

周辺情報

最終更新日時: 2021-09-30
トップ 前のページ