メインコンテンツへ飛ぶ

漁翁島灯台

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

漁翁島灯台とはすなわち西嶼灯台のことです。西嶼郷外アン(垵)村にあり、清代の1778年に建てられた台湾で最初の灯台で。その歴史的価値は高く、国定古跡に指定されています。 外アンは西嶼西南端の小漁村で、「西嶼頭」とも呼ばれている。台湾のアモイ間の航路の指標になっています。付近の海域は荒れやすく、ここを往来する船にとっては大切な守り神の役割を果たしています。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-6-998-1766
所在地:
澎湖県西嶼郷
経度/緯度:
119.46911/23.56256
リンク:
漁翁島灯台 観光関連リンク
自家用車:

馬公市→県道203線→東衛を左折する→白沙郷→跨海大橋→外垵→澎6郷道→漁翁島燈塔。

公共交通機関:

航空
1. 台北国際航空発(台北→馬公):華信航空、立栄航空
2. 高雄国際航空発(高雄→馬公):立栄航空

客輪
1.高雄港より(高雄→馬公)
2.嘉義布袋港より(嘉義→馬公)

※詳しい船便については 客輪サイトへ

馬公エリアの陸上交通:
馬公空港到着後は、市バスに乗車、あるいはバイク/車をレンタルして馬公市内観光ができます。(バイク/車のレンタルが便利)

台湾トリップ(台湾好行)媽宮‧北環状線シャトルバスに乗り換え(ノンステップバスは予約制)、「 漁翁島灯台バス停」で降りる。時刻表は、バス会社のWEBサイトでご確認ください。

営業時間:

4月-10月火曜日-日曜日09:00-18:00

11月-3月火曜日-日曜日09:00-17:00

おすすめのコース