メインコンテンツへ飛ぶ

大菓葉柱状玄武岩

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

日本の植民地時代に馬公と西嶼の間の海上交通を速やかにするため、大菓葉の辺に埠頭を築きました。その埠頭建築中に、偶然千年以上土に埋もれていた玄武岩が発見されました。この柱状玄武岩は澎湖本島でとても親しまれています。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-6-921-6521
所在地:
澎湖県西嶼郷池東村10号
経度/緯度:
119.51685999999995/23.59486
リンク:
大菓葉柱状玄武岩 観光関連リンク
自家用車:

馬公市→県道203線→東衛を左折する北行→白沙郷→跨海大橋→西嶼郷→二崁→大菓葉柱狀玄武岩。

公共交通機関:

台湾トリップ(台湾好行)媽宮‧北環状線シャトルバスに乗り換え、「大菓葉柱状玄武岩バス停」で降りる。時刻表は、バス会社のWEBサイトでご確認ください。

台湾トリップ(台湾好行)媽宮‧北環状線シャトルバスに乗り換え(ノンステップバスは予約制)、「大菓葉柱状玄武岩バス停」で降りる。時刻表は、バス会社のWEBサイトでご確認ください。

営業時間:

終日開放

おすすめのコース