メインコンテンツへ飛ぶ

中央老街

澎湖県バリアフリー旅
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 中央老街
  • 澎湖天后宮
  • 四つ目井戸

情報

電話番号:
+886-6-921-6521
所在地:
澎湖県馬公市中央街
経度/緯度:
119.56487/23.564864
リンク:
中央老街_観光関連リンク

話題タグ

中央老街はかつて「街内」、「下街」と呼ばれていました。ここは澎湖で最初に形成された商業エリアで、十数あまりの路地が交錯しています。現在、街内には明朝、清朝時代の町並みが再現されており、古蹟も数多く残っており、有名な「施公祠」や「萬軍井」、そして清朝光緒元年に建立された「水仙宮」などがあります。 中央老街のほとんどの建築は長屋スタイルで、家屋は商業スペースと居住スペースに分かれています。狭い路地裏は風情溢れ、神秘的な雰囲気が漂っています。路地の中には一人しか通行できない幅2メートルの狭い路地もあり、絶好の観光スポットとなっています。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

馬公市中心から徒歩約5-10分。

公共交通機関:

馬公バスターミナルで、藍線-外垵線のバスに乗り換え、「 署澎病院バス停」で降りる。

ツアー

周辺情報

最終更新日時: 2020-06-20
トップ 前のページ