メインコンテンツへ飛ぶ

新竹県

新竹県は台湾全域においてもっとも客家人の人口が多い県です。かつて遠方から台湾へ移民してきた客家人は、紅毛港あるいは南寮港から上陸しました。

新竹県は起伏に富んだ地形と温暖な気候に恵まれ、農産物の栽培が大変盛んです。全県の客家民族の人口は県全体の84%を占め、典型的な客家文化の県として有名で「好客竹県」(客家新竹)と呼ばれています。当県は農業を始め科学技術にいたるモデルチェンジに、伝統と近代性を共に生かしてきました。テクノロジーの発展に合わせて流入人口が増加し、その結果さまざまな民族と文化が多元的に融合した特性が形成されました。新竹県を訪れる多くの人々は、新竹は『科学技術、文化、大学の都』へと大きな変遷を遂げた様子を実感しているようです。

ここ数年来の新竹県では観光レジャー産業のプロモーションを積極的に行ってきました。毎年「山、湖、海」三大特色を打ち出した名所にて観光フェスティバルなどイベントを催しています。例えば新豊、竹北の海浜レクリエーションエリア、峨眉湖の名所と「山地美人温泉」(原住民エリアの温泉)のプロモーションが挙げられます。また山間と海浜を走る数百キロメートルのサイクリング道プロジェクトの完成によってレクリエーションを兼ねたエクササイズの場として利用されるようになり、エコライフが多くの人々の間で定着するようになりました。

また時の流れとともにその存在が消え行こうとしていた著名人-張学良、蕭如松、呉濁流の旧居が県政府の尽力によって今日ついに蘇りました。この歴史の縮図にスポットライトをあてたこれらの名所では、より多くの人が来園されることが大いに期待されています。

もっと多くの旅行情報(中国語と英語のみ)

おすすめの観光スポット

バリアフリー旅

旅行スポット

名湯

芸術文化の展示館

古跡・寺院

レジャーパーク