メインコンテンツへ飛ぶ

新竹一日コース

バリアフリー旅行

ツアー特色:

高速鉄道の新竹駅を降りたら、バリアフリー低床の台湾トリップ(台湾好行)バスに乗って、客家文化の旅を始めよう。獅山ビジターセンターでは客家文化の素朴な庭や豊かな自然が満喫でき、北埔老街では客家の伝統的な郷土料理や擂茶のDIY体験が楽しめる。また、動物たちと触れ合えるグリーンワールド生態農場もお見逃しなく。家族でバリアフリー旅行を楽しむには最適なスポット。

話題タグ

ツアールート

1日目

参山国家風景区-獅山ビジターセンター
参山国家風景区-獅山ビジターセンター
獅山トラベラーズセンターは民国90年(2001年)に成立されました。もともと獅山小学校でしたが、改造後も依然客家の素朴な風情を残したままです。 この外、歇心茶楼(レストラン兼お茶屋さん)も附設しており、ここで食事や休憩をすることができます。

バリアフリートイレ:車いす対応トイレ:1

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:1

車いすの貸出し:車いすの貸し出し:1

北埔老街
北埔老街
北埔老街は清朝時代、すでに北埔で最も賑やかな商業の中心だった場所です。現在は200メートルほどの古い町並みの中に7つの史跡があります。史跡の密集度が台湾で最も高いです。一級史跡としては金広福公館と天水堂があり、また、三級史跡の慈天宮と姜阿新洋館もあります。この街では客家の伝統茶芸である「擂茶」や石柿...
グリーンワールド生態農場
"この自然生態をテーマとした農場には、五大公園が計画されています。それぞれ水鳥、サボテン、水生動植物、鳥類、蝶々などをテーマとしています。 リンクホームページ:http://www.green-world.com.tw/jp/html/page.htm "

バリアフリートイレ:車いす対応トイレ:1

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:2

最終更新日時: 2019-03-28
トップ 前のページ