メインコンテンツへ飛ぶ

北埔老街

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

北埔老街は清朝時代、すでに北埔で最も賑やかな商業の中心だった場所です。現在は200メートルほどの古い町並みの中に7つの史跡があります。史跡の密集度が台湾で最も高いです。一級史跡としては金廣福、姜家天水堂、姜阿新旧宅があり、また、三級史跡の慈天宮もあります。この街では客家の伝統茶芸である「擂茶」や石柿餅(干し柿)など、客家の伝統的なグルメを味わうことができます。街並みに大型チェーン店などの姿はなく、昔ながらの素朴な雰囲気を漂わせています。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-3-580-2204
所在地:
新竹県北埔郷北埔街
経度/緯度:
121.057780/24.699805
自家用車:

国道3号線を竹林ICで下り、県道120号線を竹東方面に向かいます。県道123号線を右折し、中豊路を右折すると、県道122号線に繋がります。そのまま台三線を進むと北埔へ到着。

公共交通機関:

高鉄新竹駅を下車し、台湾好行バス獅山線に乗車し、北埔で下車。

高速鉄道(HSR)「新竹駅」あるいは鉄道(TRA)「竹北駅」で降り、台湾トリップ(台湾好行)5701獅山線シャトルバス(ノンステップバス)に乗り換え、「北埔下町バス停」で降りる。時刻表は、バス会社のWEBサイトでご確認ください。

営業時間:

 終日開放

おすすめのコース