メインコンテンツへ飛ぶ

湖口老街

新竹県旅行スポット
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 湖口老街
  • 復興戯院
  • 建物正面のファサード

情報

所在地:
新竹県湖口郷湖口老街
経度/緯度:
121.05514/24.876872

話題タグ

湖口老街はその昔、「旧大湖口駅」の鉄道の開発により繁栄した街です。三元宮を中心とし、街頭、横街、新街の三本の通りがあります。旧鉄道駅があった場所に建てられたカトリック教会から通りの端にある新竹県指定史跡である「三元宮」までは全長約300メートル、幅約10メートルです。家屋はすべて建材に赤レンガを使用しており、建物正面のファサードはバロック様式となっています。構造は閩南(中国福建地方南部)様式を採用しています。両側に長屋のような店舗住宅が連なり、民家のほか、診療所や史料室、カフェ、レストランなどになっています。レトロかつ芸術的な雰囲気を醸し出した通りには大勢の人々が訪れます。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道1号-湖口インターチェンジで降りる-中湖路→省道台1線

公共交通機関:

鉄道で「湖口駅」下車、新竹客運バス5612、5613に乗り換え、「湖鏡村バス停」下車。

周辺情報

最終更新日時: 2021-01-07
トップ 前のページ