メインコンテンツへ飛ぶ

澎湖文化古跡二日コース

古跡巡り離島の旅

話題タグ

1日目

順承門
順承門
順承門(馬公港にある中山路で媽宮古城として塀です)の前身は元小西門で、民国七十五年に修復工程を行い、76年には完工したのです。媽宮古城は日本占領した時に馬公港を建設するのと都市計画のため、古城壁を取り壊されました。順承門と大西門の一部の城壁が残り、今では順承門近くの城の部分はは付近の団地の住居者の活...
澎湖天后宮
澎湖天后宮
馬公市の中央里にある天后宮は主に媽祖を祭っています。明の時代、萬曆32年(1604)に建てられました。台湾でもっとも古い媽祖廟です。 大陸からの棟梁の手によってつくられた廟は、見事な彫刻芸術の殿堂になっています。廟内には、「沈有容諭退紅毛番韋麻郎」という台湾最古の碑が保存され、清風閣文物館で一般に...

2日目

澎湖二崁伝統聚落
澎湖二崁伝統聚落
歴史の長い澎湖では旧宅を訪ねるのも魅力のひとつです。馬公市の興仁里の進士第、白沙郷瓦かん村の張百萬旧宅のほか、西嶼郷二かん村には旧宅があります。 二かん旧宅は陳家の所属で、五棟の建物からなる邸宅です。門構えや窓枠、それに屋根のスタイルなどはかつての福建省南部特有の風格を備えています。質朴な中にも隅...

バリアフリートイレ:車いす対応トイレ:1

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:1、自動二輪1台

西嶼西台
西嶼西台
西嶼西台は西嶼郷外アン村東方の海を望む台地にあります。清代の1887年に海防の砲台として建てられた跡です。 四門の大砲があり、城の下には、軍隊が駐屯する山字型の隧道になっています。砲台の壁にのぼって大海を睥睨すると当時、国の防衛にあたった英雄たちの夢の跡をうかがうことができます。

バリアフリートイレ:車いす対応トイレ:1

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:1、自動二輪2台

最終更新日時: 2019-03-19
トップ 前のページ