メインコンテンツへ飛ぶ

お知らせ

合計:26 各ページの件数:10 合計ページ:3 現在のページ:1
  • お知らせ

    交通部観光局が日台観光オンライン対話を始動 渡航制限の早期解除、相互の観光交流の回復を強化

    2020-07-02

    新型肺炎の世界的な感染拡大により、観光産業が多大な影響を受けている中、交通部の林佳龍部長による「早期対応」政策の下、交通部観光局は迅速に「支援」「振興」「展望」政策を打ち出し、段階的に観光産業の振興を支援し、「防疫旅行」「安心旅行」「国際旅行」の3フェーズを通して、旅行業界の変革、国内旅行の発展、外国人観光客訪台の回復の支援を行っている。 2019年の日台の相互訪問者数は708万人にのぼり、台湾の強力な海外旅行の潜在市場は、新型肺炎の封じ込め成功と同様に国際社会の注目を浴びている。三重県の鈴木英敬知事は日台の観光交流の回復を非常に重視しているとしていることから、交通部観光局と三重県は6月30日(火)にオンライ会議を実施。観光局の張錫聰局長、台湾観光協会の葉菊蘭会長、鈴木知事の三者が会議に臨んだ。鈴木知事は台湾のコロナ対策を称賛したほか、台湾からのマスクや医療物資の支援に謝意を示した。また、台湾と三重県は重要なパートナーであり、将来的に観光や修学旅行といった交流の回復支援に協力し、ポストコロナ時代の安心で安全な旅行の推進のため、すでに県内の施設で対策を行っており、日台で渡航制限が解除された折には必ず台湾を訪問したいとした。 張局長は三重県が長年にわたって台湾のランタンフェスティバルに出展し、パフォーマーを派遣してきたことに謝意を示し、台湾は国際社会の一員として、運命共同体の精神で、過去に例のない感染症の世界的拡大を共に乗り越えていくとした。また、台湾と三重県は将来的に再び「ランタン」の光で希望を照らし、迅速に台湾と日本の密接な交流を復活させたいとした。葉会長は三重県とみんなが史上類のないこの危機をうまく乗り越え、手と手を取り合ってポストコロナ時代に向かっていきたいとした。また、台湾はすで日常生活を取り戻し、国内旅行も徐々に回復している。台湾は今回の防疫と回復の経験を分かち合う準備があり、ポストコロナ時代の新たな生活のためにお互いに努力していきたい。今回のオンライン会議は日台の新たな交流の幕開け的な意義があるとした。 交通部観光局は早くから外国人観光客の訪台市場振興の準備を進めてきた。6月上旬には複数回にわたって国内のインバウンド業者との意見交換会を開催し、コンセンサスを得た。台湾での新型肺炎の感染の収束は、外国人観光客の台湾観光推進のアドバンテージであり、安心して外国人観光客が台湾観光できると世界中に台湾の新型肺炎の封じ込め成功をアピールし、外国人観光客の訪台市場の回復と成長につなげる。また、二国間協力旅行を推進し、国際観光市場の動向を掌握することで、国際宣伝計画を企画し、CDCの政策に合わせて、外国人観光客の台湾旅行の推進期間を調整する。7月中旬には「2020在外弁事所マーケティング宣伝討論オンライン会議」を開催し、弁事所の各市場の担当者が新たな考え方で早期対応を行い、渡航制限が解除されると同時に各種振興を実施し、迅速に外国人観光客の訪台市場規模の回復に努める。

  • お知らせ

    イロイロ遊び台湾通信 Vol. 1

    2020-07-01

  • お知らせ

    旅行業者の海外ツアー及び訪台観光ツアー 催行暫定中止を7月31日まで延長

    2020-06-23

    効果的な防疫及び感染症拡大抑制の為、台湾観光局では、中央感染症指揮センターの防疫措置に従い,台湾旅行社の国内外ツアー催行及び受け入れの一時中止を7月31日まで継続します。今後の感染状況に応じて、都度その公布内容を調整するものとします。同ツアーのキャンセル費に関する徴収原則は、台湾の海外旅行定型化契約第14條に基づいて行います。 また7月31日以降のツアーキャンセル費の徴収原則に関しては,ツアー客のキャンセル時における中央感染症指揮センターが公布する海外感染状況及び指標等で実施,旅行社にはツアー客に有利な方法を優先的に適用する事を要請します: 第一級注意(Watch),国民は目的地の一般的な預防措施を順守する:国外旅遊定型化契約第13條に基づく。 第二級警示(Alert),国民は目的地において防御措置を強化する:国外旅遊定型化契約第15條に基づく。 第三級警告(Warning),国民は目的地への全ての不要不急な旅行を回避する:国外旅遊定型化契約第14條に基づく。 ツアー客と旅行社間で、新型肺炎による影響で旅行をキャンセルし、そのキャンセルチャージに関して異議が生じた場合は,関連資料を同封の上、中華民国旅行業品質保障協会(住所:台北市民権東路2段9号5階,電話:02-25995088)へその調停を申しこめます。不調の場合、台湾観光局にその調停依頼を申請出来ます。

  • お知らせ

    交通部観光局とアメリカの公共テレビ放送サービス「Travelscope」による共同制作 《台湾山脈與小鎮旅遊(台湾山脈と小さな町への旅行)》が2020年「Telly Awards(テリー・アワード)」で金賞を受賞

    2020-06-15

    米国の第41回「The Telly Awards(テリー・アワード)」の受賞者が5月27日に公布されました。合計1万件を越える参加作品の中で、交通部観光局とアメリカの公共テレビ放送サービス(PBS)の人気旅行番組《Joseph Rosendo's Travelscope》が共同製作した《台湾山脈與小鎮旅遊》シリーズの一作目(Taiwan – Mountain Beauty, Villages & Cultures – Part 1)が金賞を受賞しました。これは2018年に台湾の澎湖特集が2つのエミー賞を獲得したのに続き、観光をテーマとした作品での受賞です。 《台湾山脈與小鎮旅遊》では美しい自然の景色と歴史の変遷、生態保育を巧みに繋ぎ合わせ、司会の羅森度が物語を語るスタイルで番組を編集しています。視聴者の皆様を有名な清水断崖や太魯閣国家公園の長春祠、燕子口、砂卡噹、白楊瀑布、錐麓古道などの人気歩道へとご案内。さらに中央山脈を越え、最も高い地点にある道路、武嶺まで進み、清境農場や空中景観歩道も巡ります。台湾の人文や歴史、原住民族文化および持続可能な山林の美を学ぶことができます。 観光局のロサンゼルス事務所の施照輝主任は、台湾は小さいけれども豊富な生態と文化をもち、旅行や探索が楽しい土地であることを語っています。また、「Travelscopeチーム」が台湾を選び、優れた番組を製作してくれたことに感謝の意を表しました。この番組を通して世界中の人々がより深く台湾を知ってくれることを願っています。また、施照輝氏によれば、新型コロナウイルス収束後はアメリカの人々も旅行の安全をより注意するとのことです。台湾は持続的な観光発展の下で、小さな町をゆっくり巡る旅や山岳ハイキング、サイクリング、バードウオッチングなどといった旅行が将来的なブームになると言われています。ロサンゼルス事務所では台湾の優れた旅行商品を宣伝プロモーションし、一般の方々が安心して予約購入し、実際に多くの方々が台湾を訪れてくれることを願っています。 受賞フィルムのリンク

  • お知らせ

    旅行業者の海外ツアー及び訪台観光ツアー 催行暫定中止を6月30日まで延長

    2020-05-20

    18日の中央感染症指揮センターの発表によれば、台湾の新型コロナウイルス感染者は5月19日時点にて、感染者は累計440例、世界の感染確認者は400数万人を超え、世界187ヶ国及び地域に蔓延との報告があります。世界の感染状況がまだ厳しい状況にある為、国際観光旅行及び水際対策に関して、台湾観光局では、中央感染症指揮センターの防疫措置に従い,効果的な防疫及び感染症拡大抑制の為、台湾旅行社の国内外ツアー催行及び受け入れの一時中止を持続して6月30日まで継続する事になりました。今後の感染状況に応じて、都度その公布内容を調整するものとします。 台湾の新型コロナウイルス感染状況 台湾の新型コロナウイルス感染者は5月20日時点にて、感染者440例(輸入患者349例、本土患者55例及び海軍の敦睦艦隊発生患者36例)となっており、台湾本土感染者は38日間、台湾での新たな感染者も13日間連続で発生しておりません。

  • お知らせ

    "家族みんなで台湾を学ぼう"台湾観光クイズ検定チャレンジ企画

    2020-05-01

    TOP100入りの方には「台湾クーラーBOX」をもれなくプレゼント 実施期間:2020年5月1日(金)~5月31日(日) 応募方法:ウェブサイト

  • お知らせ

    "在宅で台湾を遊ぼう"プレゼント企画「台湾ミニランタン」手作りキットを抽選で400名様追加プレゼント

    2020-04-21

    受付期間:2020年4月21日~4月29日(受付終了いたしました ) 応募方法:ウェブサイト

  • お知らせ

    "家族みんなで台湾を遊ぼう"プレゼント企画「台湾ミニランタン」手作りキットを先着順に1000個プレゼント

    2020-04-16

    受付期間:2020年4月16日~5月6日(受付終了いたしました ) 応募方法:ウェブサイト

  • お知らせ

    旅行業者の海外ツアー及び訪台観光ツアー 催行暫定中止を継続

    2020-04-10

    台湾国内における感染確認者が増加している状況及び世界の感染確認者も130万人を超える現況を鑑み、台湾観光局では感染拡大を受け、中央感染症指揮センターの防疫措置に則り,台湾旅行社の国内外ツアー催行及び受け入れの一時中止を5月31日まで継続します。同ツアーのキャンセル費に関する徴収原則は、台湾の海外旅行定型化契約第14條に基づいて行います。今後の感染状況に応じて、都度その公布内容を調整するものとします。 また5月31日以降のツアーキャンセル費の徴収原則に関しては,ツアー客のキャンセル時における中央感染症指揮センターが公布する海外感染状況及び指標等で実施,旅行社にはツアー客に有利な方法を優先的に適用する事を要請します: 第一級注意(Watch),国民は目的地の一般的な預防措施を順守する:国外旅遊定型化契約第13條に基づく。 第二級警示(Alert),国民は目的地において防御措置を強化する:国外旅遊定型化契約第15條に基づく。 第三級警告(Warning),国民は目的地への全ての不要不急な旅行を回避する:国外旅遊定型化契約第14條に基づく。 ツアー客と旅行社間で、新型肺炎による影響で旅行をキャンセルし、そのキャンセルチャージに関して異議が生じた場合は,関連資料を同封の上、中華民国旅行業品質保障協会(住所:台北市民権東路2段9号5階,電話:02-25995088)へその調停を申しこめます。不調の場合、台湾観光局にその調停依頼を申請出来ます。

トップ 前のページ