メインコンテンツへ飛ぶ

「台湾好行」は観光地での公共交通サービスを改善するため、18の新規路線を開設し、毎月1,400便以上を増便する予定。

日付:2023-09-14 訪問者数:4200

観光客の公共交通機関の利用を促すため、魅力周遊ルート「台湾好行」は今年新たに18ルートを開設し、台湾全土のルートは合計69ルートとなります。また、同時に追加便も追加され、現在では月間1,400便以上が増便されます。 

政府は感染症収束後の国際旅行市場の活性化と国境開放後の個人旅行者の利便性向上を図るため、「乗車半額割引」、「増便」、「新たな観光ルート」および「地元の特色を融合させた景観スポットのリクエスト・スポット」など4つの施策を推進します。このうち、電子乗車券(モバイル決済含む)を利用して、優待路線の運賃を半額でご利用いただける「半額乗車割引」キャンペーンを2023年5月20日から開始しており、7月末までに累計83 万人以上の乗客が乗車し、その数は増加し続けています。また、「新観光ルート」では、日月潭国家風景区管理局が提案する日月潭と阿里山を結ぶ「日月潭ー阿里山線」など、新たな観光名所ルートを追加しました。外国人観光客に最も人気のある2つの観光名所を結び付けています。金門県政府(県庁)が提案した「国境の西線」はクルーズ式のバス運行で、新しくオープンした金門大橋を経由して大小の金門島の観光地を結んでいます。金門の歴史と文化の発展を深く体験でき、それぞれのルートには独自の特色があります。行楽客の方は期待する価値があります。

「台湾好行」のシャトルバスを利用すると、台湾のすべての主要な観光スポットを便利に移動できます。地球にも優しく、グリーンな旅行方法となっています。2024年8月31日まで半額割引をご利用いただき、台湾の絶景を存分に満喫してください。観光スポットを結ぶバス「台湾好行」の各種情報については「台湾好旅」の公式サイトをご覧ください。

    最終更新日時: 2023-09-14
    トップ