メインコンテンツへ飛ぶ

東石漁人埠頭

嘉義県バリアフリー旅
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 東石漁人埠頭の彩色屋
  • 東石漁人埠頭-風車
  • 東石漁人埠頭

情報

電話番号:
+886-5-362-1855
所在地:
嘉義県東石郷彩霞大道420号
経度/緯度:
120.13731/23.450886
リンク:
東石漁人埠頭_観光関連リンク

バリアフリートイレ:1

話題タグ

漁人埠頭の多元的な企画、面白く遊ぶ漁港の良い景色!

明清の時期から、東石漁港は台湾西部の重要な漁船の出入港であって、初期の段階で漁獲量が非常に多く、台湾全体に各式の海産物を供給し、近年、港の内に沈泥堆積現象が生じて次第に観光漁港の形に変わってきました。東石漁港は嘉義県東石郷の東石村、朴子溪の海の河口に位置し、新しい漁港地区内で魚人埠頭施設が建設され、旧港は新港から約1.5キロメートル離れており、魚人埠頭は現在すでに近くの村の人が散歩しながら海の景色を見る場所となりました。

東石漁人埠頭は「風」、「日光」、「魚」、「船」、「海洋」及び「灯台」などの元素で企画が行われ、多重の海洋の姿を現し、漁人埠頭のイメージとオランダ風味の入り口としてのイメージを作り直します。東石漁人埠頭は更に新鮮な漁業製品と夕日の美しい景色などの資源を観光のセールスポイントとして、港区の景観、文化特色、レジャー・娯楽および自然生態の資源などにより、特有なテーマのイメージを作り出し、特色あるテーマを備える観光拠点を作り出し、地方経済を繁栄させます。

現在東石漁人埠頭のメイン施設は海洋文化会館、おみやげ館、商店街、浮き橋の市場、海岸における散歩場所などが含まれており、また漁港機能を統合し、多元的なサービスを提供します。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:
  1. 国道1号→嘉義ジャンクションで降りる→省道台82線→彩霞大道
  2. 国道3号→水上ジャンクションで降りる→省道台82線→彩霞大道
公共交通機関:

高速鉄道あるいは鉄道で「嘉義駅」下車、嘉義客運バス7211に乗り換え、「朴子バスステーション」下車。また、塭港行きの嘉義客運バス7233Aに乗り換え、「東石漁人埠頭バス停」下車。

 

ツアー

周辺情報

最終更新日時: 2021-06-25
トップ 前のページ