メインコンテンツへ飛ぶ

台南の七股北門-海浜と生態の旅2日間ツアー

古跡巡り生態観察

話題タグ

ツアールート

1日目

クロツラヘラサギ生態展示館
クロツラヘラサギ生態展示館
黒面琵鷺生態展示館は2005年に展示室、生態映像放映室、景観台を備えた研究施設機関として設立されました。展示室はクロツラヘラサギに関する知識をテーマに、見学者にクロツラヘラサギと、さらには七股潟湖の貴重な湿地環境に関して理解を深めてもらえるように設計されています。
七股潟湖
七股潟湖
七股漁民の言う「内海仔」とは七股潟湖です。曾文渓を四回修築し現在の景観となりました。現在台湾で最大の潟湖で大変豊かな生態を誇ります。蟹だけで三十種類以上、魚介類は二百種類以上にものぼり、二万人の住人がこれで生計をたてています。ここからすぐの龍山村大街には至る所に海鮮料理や牡蠣料理が並び、シーフード好...
七股塩山
七股塩山
七股塩場はかつて台湾最大の塩田で、主に国内の農工業用塩を供給していました。しかし時代の変遷に伴い、製塩はコストがかかりすぎることなどから、2002年5月、ついに七股塩場は廃止され、台湾で338年間に及んだ天日製塩の歴史も幕を閉じました。そして同時に、七股塩山のレジャースポットとしての時代が幕を開けた...
台湾塩博物館
南鯤鯓代天府
南鯤鯓代天府
南鯤鯓代天府は台南市北門区に位置し、台湾で最大規模を誇って最古の地域住民の男性守護神が奉られている「王爺廟」です。「南鯤鯓」の名はその地形に由来します。「鯓」は「鯤の身」のことです。「鯤鯓」の名は、台湾西南の外海に分布する多くの砂丘の形状が鯤魚の体に似ていることに由来しています。この廟は建設からすで...

2日目

北門旅客センター
台湾烏脚病医療紀念館
台湾烏脚病医療紀念館
キリスト教長老教会の北門教会のそばにかつての烏脚病医院があります。台17号線沿いに続く緑の中にそびえ立つ白い建築物が、独特な景観を生み出しています。キリスト教長老教会がこの病院で北門地区の烏脚病の人々を看護し、多くの貧しい住民を救ったという栄光の歴史があります。不幸にも助からなかった人は、病院の裏に...
井仔脚瓦盤塩田
井仔脚瓦盤塩田
かつては「瀨東場」と呼ばれた井仔足塩田は、北門塩場に属する最も古い塩田です。北門塩場の最初の塩田として清嘉慶年に建設され、180年余りの歴史があります。 史書の記載によると、鄭氏諮議軍の陳永華が当時、平埔族の作った塩が苦く、質が悪いため製塩技術の改善を行ったとあります。海辺に築いた塩田の上に割れた...

バリアフリートイレ:車いす対応トイレ:1

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:1

東隆宮文化センター-王爺信仰文物館
東隆宮文化センター-王爺信仰文物館
北門を訪れたらぜひ足を延ばしたいのが王爺信仰文物館です。三寮湾の東隆宮の向かいにあり、同じコースとして観光することができます。この地では盛大な送王船の祭りが定期的に開催され多くの村人が信仰していますが、この王爺信仰博物館では王爺の由来や歴史が詳しく解説されています。王爺崇拜は疫病神の信仰から来ており...
最終更新日時: 2019-03-19
トップ 前のページ