メインコンテンツへ飛ぶ

台湾塩博物館

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

アジア最大の塩業博物館

七股塩山そばに燦然と輝くピラミッドの建築物が台湾で初めてという「塩」をテーマにした「台湾塩博物館」である。館内には台湾の塩業にかかわる文物や史料が収蔵展示されているほか、ポーランドの塩洞窟模型や中国四川省の塩井戸など世界的な遺跡が紹介されている。また「塩の母樹」は我々に生活と塩のかかわりについて考えさせてくれる。参観の最後には「塩コーヒー」がお薦め。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-6-780-0698
所在地:
台南市七股区塩埕里69号
経度/緯度:
120.10496499999999/23.154783
リンク:
台湾塩博物館 観光関連リンク
自家用車:

国道1号→麻豆ICで降り→県道176線。

公共交通機関:

鉄道(TRA)「台南駅」で降り、「佳里、學甲、南鯤鯓」行きの興南客運バスに乗り換え、「佳里バス停」で降り、「青鯤鯓」行きの興南客運バスに乗り換え、「塩山バス停」で降りる。

鉄道(TRA)「台南(南駅 )」で降り、台湾トリップ(台湾好行)99台江線シャトルバスに乗り換え(一部はノンステップバス)、「 たいわんいえんぼぉうぐぅあん(台灣鹽博物館)バス停」で降りる。時刻表は、バス会社のWEBサイトでご確認ください。

営業時間:

毎日09:00-17:30

おすすめのコース