メインコンテンツへ飛ぶ

台中国家歌劇院

台中市旅行スポット
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 台中国立歌劇院の建築
  • 台中国立歌劇院
  • 台中国立歌劇院の内部
  • 台中国立歌劇院の見物の人波

台中国家歌劇院(台中メトロポリタンオペラハウス)は日本人建築家の伊東豊雄氏が設計しました。「美しい音の洞窟」をコンセプトに、曲線を描いた壁や穴、チューブ状のデザインを採り入れています。支柱となる柱がない特殊な構造で、また、直角となる壁面が一ヵ所もないという斬新な建築物です。

オペラハウス内には大劇場、中劇場、小劇場という三つの国際的なレベルの専門劇場があり、あらゆるタイプのプログラムに対応可能となっています。そのほか、教育プロモーションや講演などのイベントにも対応できる多機能型スペース「コーナーサロン」もあります。さらに、屋外劇場の緑地と屋上の空中庭園は、ベストな憩いの空間として親しまれています。

台中国家歌劇院は建物自体が芸術作品であるばかりでなく、大小の劇場や空中庭園など、さまざまな特色があります。内部から外観までのすべてが「芸術の饗宴」というべき存在で、訪れる価値がとても高いスポットです。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
公共交通機関:

交通情報はオフィシャルサイトをご参考ください。
 

最終更新日時: 2019-04-24

周辺情報

トップ 前のページ