メインコンテンツへ飛ぶ

台湾原住民族文化園区

屏東県バリアフリー旅
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 吉拿富を作る
  • 台湾原住民族文化園区 - スレート家屋
  • 台湾原住民族文化園区

情報

電話番号:
+886-8-7991219
所在地:
屏東県瑪家郷北葉村風景104号
経度/緯度:
120.65087/22.708476
リンク:
台湾原住民族文化園区_観光関連リンク

バリアフリートイレ:6

バリアフリー駐車場:5、自動二輪台5

車いすの貸出し:6

話題タグ

園区は屏東県瑪家郷北葉村に属し、かつては「瑪家山地文化村」と言われていました。ここは三地門、瑪家、霧台など三つの集落における交通の要衝でした。屏東市からわずか24キロの距離で、アクセスも便利です。付近にはパイワン族やルカイ族の集落があり、特色ある原住民族文化に触れられます。園区は1985年に設立され、その敷地面積は約82ヘクタールにおよび、台湾原住民族の14部族の文化が展示されています。海抜145メートルから220メートルに位置し、変化のある自然景観を楽しめます。

園区はゲートエリア、塔瑪麓湾エリア、娜麓湾エリア、富谷湾エリアの4つに分かれています。

ゲートエリアは園区入り口に位置し、文物陳列室や工芸館、視聴覚館、八角形の形をした特別展示館および解説サービスセンターがあります。塔瑪麓湾エリアと富谷湾エリアには各原住民族の伝統建築が建てられており、集落風景を完全に再現しています。娜麓湾エリアはパフォーマンスがメインとなっており、屋外舞台や円形劇場、人形を用いた生活展示館などがあります。さらに「我々の教室」と呼ばれるコーナーでは、手工芸教室が開かれています。

園内には登山歩道があり、高台からは園区全体を見渡すことができます。緑いっぱいの敷地内にはスレート家屋や竹で作られた家、木造家屋が立ち並び、彫刻も点在しています。ここを訪れると、原住民族の文化について理解を深めることができるでしょう。

営業時間

火曜日-日曜日08:30~17:00

公共施設

貸し出し:車いす、ベビーカー

注意事項

AED、ウォーターサーバー、授乳室

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:
国道3号→長治インターチェンジで降りる→省道台24線→県道187線→自力路→風景巷
公共交通機関:

鉄道で「屏東駅」下車、屏東客運バス8229に乗り換え、「上水門バス停」下車。

  • 車いす対応トイレの内部

    車いす対応トイレの内部

  • 身障者用駐車場

    身障者用駐車場

  • バリアフリーのパークトレイン

    バリアフリーのパークトレイン

  • 車いす専用席

    車いす専用席

ツアー

周辺情報

最終更新日時: 2021-08-12
トップ 前のページ