メインコンテンツへ飛ぶ

蘭潭風景区

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

嘉義は北緯23度29分、東経120度27分で、横断鉄道及び横断道路が平行にその西部を通過しています。北回帰線はその南部に3.3キロメートル離れたところを通過しているため、台湾は世界にとって大切な座標となるのです。嘉南平原で東へ向いて眺めると、山々が並べている中に、阿里山、玉山山脈が雄大に聳え 立っている姿は、まるで母親が幼い子供を抱きしめるよう、古諸羅城を取り囲むように見えます。

嘉義市に主な河川はそれぞれその南北を流れている八掌渓及び子渓があり、地質は粘土成分が多くて保水性が悪いため、地下水に乏しい現状です。民生及び潅漑用水のニーズを満たすことができるという用水の問題を解決策として、八掌渓流域で蘭潭、仁義潭ダムを建築するのがあります。

蘭潭は嘉義市東側の山仔頂の近くにあり、市内に三キロメートル離れています。古称は「紅毛埤」で、三百年前オランダ人の作ったのだと伝わってきたので、「蘭潭」と呼ばれています。オランダ人は台湾を占領していた時、八掌渓の水をここに導いて、堰堤を築設 しマウンドを作ることで、王田のあたりを潅漑していました。オランダ東インド会社は王田を直営していて、明朝の鄭成功時期まで存在していましたが、清朝に入ってだんだん使われなくなり、地名だけは残っています。日本殖民統治時期、企画エンジニア八田与一は担当してきたアジア地域の水利工程で規模が一番大きいのは「水の長城」─嘉南大学というのでした。水道水プラントの貯水池として蘭潭という堰堤を築設し、さらにダムを建設したのは、今でも嘉義地区の水道水の主な提供元です。

嘉義荒野保護協会は蘭潭の後ろ山、樹木園、陶花源、圓籃仔冷泉区でウォッチングチームがスタンドバイしていて、数年間数多くの生態を好んだ民衆をリードして素敵で多様的な面貌を持つ大自然を尋ねるようにしています。

深い観察や体験により、大自然を楽しめるのはただの理念に過ぎないではなく、生活パターンの一つにしたいと、皆さんに数多くの鳥類、昆虫、植物、木々と友達になれて、学習しながら生態の美を理解できることによって、生物の多様的な生き方を悟って頂きたいと荒野の人は期待しています。

三信亭の隣に、蘭潭の中でカラ─噴泉を設置しています。噴泉の高さは50メートルまで達することができ、蘭潭 に動的な美を増しています。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-5-229-4593
所在地:
嘉義市東区小雅路
経度/緯度:
120.476975/23.468384
自家用車:

1. 国道1号→嘉義インターチェンジで降りる→県道159線→県道159甲線→小雅路
2. 国道3号→中埔インターチェンジで降りる→省道台18線→忠義路→忠義堤防道路→小雅路

公共交通機関:

鉄道で「嘉義駅」下車、県バスの市区1、2番に乗り換え、「嘉義大学バス停」下車。

おすすめのコース