メインコンテンツへ飛ぶ

嘉義市二日コース

生態観察 ナイトマーケット

話題タグ

ツアールート

1日目

嘉義公園
嘉義公園
日本統治時代の明治43年に造られ、当時は「嘉義公園」と呼ばれていました。戦後は「中山公園」と改名されましたが、1997年に当初の名前に戻されました。 嘉義公園は、嘉義市の東の郊外にあります。開園当初は、山の地勢に沿って公園が造られ、後に東西の空地まで拡張され、橋や道が作られました。公園の面積は約26...
嘉義樹木園
嘉義樹木園
嘉義樹木園は農業委員会林業試験場に所属し、8.6ヘクタールの面積を有します。栽培において経済的な熱帯樹種の栽培試験場であり、また母樹園として苗木を提供する形式での経営を兼ねて行われています。栽培されている木の種類は大部分が伝統的に生活の中で使われてきた材木の木で、例えば、アフリカンマカボニー、ナンヨ...
嘉義文化路ナイトマーケット
全長4、500メートルに及ぶ嘉義の文化路。日中は月並みなこの車道は、夕暮れ時にナイトマーケットと成り変わり、歩行者天国になります。当ナイトマーケットで人気の名物である「肉飯(七面鳥の丼)」、「香腸(中国腸詰)」、「粿仔湯(米から作ったきし麺状の麺)」、「羅山米(蒸したもち米ご飯)」、「蓮子湯(蓮の実...

2日目

蘭潭風景区
蘭潭風景区
嘉義は北緯23度29分、東経120度27分で、横断鉄道及び横断道路が平行にその西部を通過しています。北回帰線はその南部に3.3キロメートル離れたところを通過しているため、台湾は世界にとって大切な座標となるのです。嘉南平原で東へ向いて眺めると、山々が並べている中に、阿里山、玉山山脈が雄大に聳え 立って...
最終更新日時: 2019-03-19
トップ 前のページ