メインコンテンツへ飛ぶ

嘉義市史跡資料館

嘉義市芸術文化の展示館
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 嘉義市史跡資料館入口
  • 嘉義市史跡資料館

情報

電話番号:
+886-5-271-1647
所在地:
嘉義市東区公園街42号
経度/緯度:
120.46748/23.481077
リンク:
嘉義市史跡資料館_観光関連リンク

話題タグ

嘉義市史蹟資料館は二棟の建物によって構成されています。

昭和18年に建てられたこの建物は、日本統治時代当時、嘉義神社付属の「齋館」および「社務所」でした。「齋館」とは、神社の祭祀を行う前に斎戒して心身を清めるところで、「社務所」とは、神社行政管理事務所にあたります。

「齋館」建築面積267平方メートル,社務所の建築面積208平方メートル,両棟の間には台湾では珍しい大変独特で芸術的な渡り廊下式になっています。

嘉義市政府は「主體架構を変えない」、「保留本来の外観を原有外觀造型式樣」、「本来の建築様式に従って復原する」、「公園としての環境に配慮する」等の原則に従って修復工事を行うよう専業業者に委託し、のちにその修復を完成するに至りました。

1998年10月、この両棟の建物は嘉義市政府によって古蹟として指定されました。また「嘉義市史蹟資料館」と命名され、2001年9月15日に史蹟資料館としてオープンしました。館内には嘉義の人々と嘉義市とその人々についての資料が展示されています。嘉義の歴史を理解するのに最も理想的な場所といえましょう。さてあなたも嘉義嘉義市史蹟資料館を訪れて、嘉義について学んでみませんか。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

1. 国道1号→嘉義インターチェンジで降りる→県道159線→県道159甲線→啓明路→公園街
2. 国道3号→竹崎インターチェンジで降りる→林森東路→円福街→民権路→啓明路→公園街

公共交通機関:

鉄道で「嘉義駅」下車、県バスの市区2番に乗り換え、「嘉義公園バス停」下車。

最終更新日時: 2019-03-13

周辺情報

トップ 前のページ