メインコンテンツへ飛ぶ

白米甕砲台

基隆市古跡・寺院
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 白米甕砲台
  • 観測所の内部

白米甕砲台は基隆港の西岸の上にあります。300余年前のスペイン来寇、それに続くオランダ時代に設置されており、「オランダ砲台」とも言われています。清仏戦争の時、フランス軍に占領されたこともありますが、現在の姿は日本統治時代に建造されたものです。

砲台は長方形で、台湾ではごく僅かしか見られません。すでに大砲はなく、4個の砲座の跡があります。左側の指揮所は改築され、右側の観測台もあずまやの傍にあります。視界はきわめてよく、海天一望の風景が楽しめます。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道3号→基金インターチェンジで降りる→省道台2己線→中山四路→光華路→光華路37巷

公共交通機関:

高速鉄道で「台北駅」下車、鉄道に乗り換え、「基隆駅」下車、市バスの301、302番に乗り換え、「太白荘バス停」下車。

最終更新日時: 2019-06-10

周辺情報

トップ 前のページ