メインコンテンツへ飛ぶ

鹿港天后宮

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

現在の天后宮は1936年に再建されたものです。ご本尊の「媽祖」は海の守護神です。当時、清朝が首尾良く台湾を手に入れることができたのは、媽祖のおかげだと言われています。そのときの神像が鹿港にとどめられ、ここに祭られているのです。当時、鹿港は海上交通の要衝でしたから、媽祖を祭った天后宮は線香の煙が絶えることがないほどの賑わいを見せました。現在の天后宮の再建には全国から著名建築技師が集められました。とくに大川殿はそうした建築技術の結晶と言えましょう。寺の背後には「鹿港媽祖文物館」があり、無料開放されています。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-4-7779899
所在地:
彰化県鹿港鎮中山路430号
経度/緯度:
120.4313380/24.0593990
リンク:
鹿港天后宮 観光関連リンク
自家用車:

国道1号→彰化インターチェンジで降りる→省道台19線→県道142線

公共交通機関:

鉄道で「彰化駅」下車、鹿港行きの彰化客運バスに乗り換え、「戯院前バス停」下車。

おすすめのコース