メインコンテンツへ飛ぶ

台南塩業一日コース

バリアフリー旅行

ツアー特色:

北門ビジターセンターの周りには水晶教会、ヨーロッパ風の建物、壁絵など、大きなインスタレーションがあり、撮影スポットとして人気を集めている。井仔腳は現存する最古の瓦盤塩田。ここでは塩の天日干しや天秤棒担ぎなどが体験ができる。陽光に照らされた塩田はまるで美術品のように独特の風格を見せる。台湾塩博物館では塩づくりの知識を深めてみよう。中にはポーランドの塩洞窟を真似た展示エリア(一部のみバリアフリー)があり、塩田の歴史を学ぶことができる。塩関連の商品も販売している。

話題タグ

ツアールート

1日目

雲嘉南浜海国家風景区-北門ビジターセンタ
雲嘉南浜海国家風景区管理処北門ビジターセンターは、北門塩洗浄工場の旧建物群のうち、西南側の倉庫が改築されてできました。全館の展示には2つの特色があります。1つは素朴な画家洪通のアート展示ウォールとマッコウクジラ標本エリア海翁返北門(北門に戻ってきたクジラ)、もう1つは北から南まで地理別の風景区の見所...

バリアフリートイレ:車いす対応トイレ:2

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:4

車いすの貸出し:車いすの貸し出し:2

水晶教会
水晶教会は「猪屠溝」の最上流の北畔に位置しています。ここは昔、洲北塩田と中洲塩田の境目でした。西浜は広くて平坦であったため、早期はこの塩田が最大のランドマークであり、地表より突き出した塩の小山が点在していました。水晶教会はその大小連なねる塩の山をイメージしてデザインされました。メインカラーも塩の白色...
井仔脚瓦盤塩田
井仔脚瓦盤塩田
かつては「瀨東場」と呼ばれた井仔足塩田は、北門塩場に属する最も古い塩田です。北門塩場の最初の塩田として清嘉慶年に建設され、180年余りの歴史があります。 史書の記載によると、鄭氏諮議軍の陳永華が当時、平埔族の作った塩が苦く、質が悪いため製塩技術の改善を行ったとあります。海辺に築いた塩田の上に割れた...

バリアフリートイレ:車いす対応トイレ:1

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:1

台湾塩博物館
アジア最大の塩業博物館 七股塩山そばに燦然と輝くピラミッドの建築物が台湾で初めてという「塩」をテーマにした「台湾塩博物館」である。館内には台湾の塩業にかかわる文物や史料が収蔵展示されているほか、ポーランドの塩洞窟模型や中国四川省の塩井戸など世界的な遺跡が紹介されている。また「塩の母樹」は我々に生活...

バリアフリートイレ:車いす対応トイレ:1

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:2、自動二輪1台

車いすの貸出し:車いすの貸し出し:7

最終更新日時: 2019-03-28
トップ 前のページ