メインコンテンツへ飛ぶ

彰化一日コース

バリアフリー旅行

ツアー特色:

八卦山生態ビジターセンターは台湾初のサシバをテーマにしたビジターセンターであり、センター内ではサシバに関する紹介を行っている。展望台では望遠鏡を使ってバードウオッチングが楽しめる。八卦山大仏は彰化のランドマークであり、バリアフリー遊歩道からは彰化市全体が眺望できるほか、台湾で一番長いスカイウォークへも続いている。アリスの楽園はライチをテーマにした遊園地で、子供向けのインスタレーション作品が設置されている。清水岩遊憩区には彰化の百年古寺があり、昆虫生態展示館も参観できる。

話題タグ

1日目

参山国家風景区-八卦山脈生態ビジターセンター
参山国家風景区-八卦山脈生態ビジターセンター
八卦山脈生態ビジターセンターは、八卦山大仏区付近に位置し、2001年3月17日に完成、オープンしました。ビジターセンターでは主に、毎年3月の春分前後、北へ帰る際に通過、または一時的に八卦山脈に住むサシバ、八卦山脈の動植物の生態について紹介しています。当センターは台湾初のサシバのテーマ館で、サシバに関...
八卦山大仏風景区
八卦山大仏風景区
八卦山風景区の中でひときわ目立つのが高さ21.6メートルの彰化大仏です。前方には大仏を守るように2頭の獅子の石像が置かれています。左側には水族館が、後方には大仏殿があり、さらに大仏殿の後方には二つの8階建ての塔が建っています。この塔からは彰化市内を見渡すことができます。
アリスの楽園
清朝雍正11年(西元1733年)に建てられ、今も現存する建物は道光28年(西元1848年)に改修されたニ殿式構造で、三級の古跡に指定されました。 寺では主に観世音菩薩と媽祖を祀って、昔から台湾中部の「二寺」の一つと呼ばれています。宝蔵寺では、寺の中の清朝嘉慶が賜る「宝山第一」の古い額、広東の職人に...

バリアフリートイレ:車いす対応トイレ:3

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:4、自動二輪1台

車いすの貸出し:車いすの貸し出し:1

清水岩
「清水岩生態展示センター」には沢山の貴重な昆虫標本が所蔵されています。館内には現在数100種類の珍しい昆虫の標本が所蔵されており、その内退職された張宏之先生が1000点近い標本のコレクションをセンターの永久展示物として寄贈して下さり、八卦山地区の生態保育教育にとっての充実した記録となっています。 ...

バリアフリートイレ:車いす対応トイレ:2

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:2、自動二輪1台

清水岩生態展示センター
社頭は靴下製造の故郷で、「清水岩生態展示センター」には沢山の貴重な昆虫標本が所蔵されています。完成後は彰化県の八卦山脈沿線の生態ツアーの重要な拠点となり、清水岩生態展示センターは交通部観光局参山国家風景区管理処、行政院農委会林務局南投林区管理処及び彰化県政府と社頭郷役所等の協力により誕生しました。館...

バリアフリートイレ:車いす対応トイレ:1

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:1

最終更新日時: 2019-03-28
トップ 前のページ