メインコンテンツへ飛ぶ

南鯤鯓代天府

台南市古跡・寺院
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 南鯤鯓代天府
  • 南鯤鯓代天府の建築
  • 南鯤鯓代天府の建築の美
  • 南鯤鯓代天府の隅
  • 南鯤鯓代天府の美景
  • 鯤鯓王平安塩祭
  • 大鯤園の入口
  • 南鯤鯓代天府凌霄宝殿

情報

電話番号:
+886-6-7863711
所在地:
台南市北門区鯤江里976号
経度/緯度:
120.14147/23.286333
リンク:
南鯤鯓代天府_観光関連リンク

話題タグ

南鯤鯓代天府は台南市北門区に位置し、台湾で最大規模を誇って最古の地域住民の男性守護神が奉られている「王爺廟」です。「南鯤鯓」の名はその地形に由来します。「鯓」は「鯤の身」のことです。「鯤鯓」の名は、台湾西南の外海に分布する多くの砂丘の形状が鯤魚の体に似ていることに由来しています。この廟は建設からすでに三百年余りの歴史があります。主に李王、池王、呉王、朱王、范王など五府千歳が奉られています。 三百年余り前、王船に乗って台湾に上陸し、六万坪の廟堂、前埕、主殿、花園などを建設したと言い伝えられています。内部は鯤園、虎苑、海山亭などの庭院建築物があり、その装飾と景観は大変華麗で威厳があります。統計によると毎年南鯤鯓廟を訪れる観光客はのべ400万人以上に上ります。中でも農暦の4月26日と27日には最もにぎやかな「王爺祭」を迎えます。盛大な祭りが十日間続き、廟には全台湾から集合したタンキー(童乩)に加え、線香をあげる参拝者と観光客で溢れかえります。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

1. 国道1号→新営インターチェンジで降りる→台19線→義竹→県道172線→台17線
2. 国道1号→麻豆インターチェンジで降りる→県道171線→學甲→県道174線→台17線

公共交通機関:

鉄道で「台南駅」下車、南鯤鯓行きの興南客運バスに乗り換え、「南鯤鯓バス停」下車。

ツアー

最終更新日時: 2019-03-14

周辺情報

トップ 前のページ