メインコンテンツへ飛ぶ

通樑古榕

澎湖県バリアフリー旅
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 通樑古榕
  • 通樑大榕樹の屋上
  • 通樑大榕樹の休憩エリア
  • 通樑保安宮
  • 通樑古榕

情報

電話番号:
+886-6-921-6521
所在地:
澎湖県白沙郷通樑村149号
経度/緯度:
119.55701/23.656613
リンク:
通樑古榕_観光関連リンク

バリアフリートイレ:1

バリアフリー駐車場:1台、自動二輪1台

話題タグ

通樑保安宮前に植えられている大榕樹(ガジュマル)は、すでに樹齢300年以上と伝えられています。主幹はそんなに太くありませんが、そこから無数の子幹が出て、絡み合うように伸びています。その結果、広さ660平方mに達する木の山ができあがっているのです。 樹木が育ちにくい澎湖にあってこの通樑大榕樹は「神木」と住民から崇められています。澎湖の県木にも選ばれ、澎湖人の不屈の精神を象徴しています。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:
  1. 馬公市区より3号県道に沿って北の方角へ進んで到着。約21.7キロ。
  2. 県道203号線に沿って進み、東衛を過ぎたところで左折し、中正、永安橋を過ぎると、白沙郷に入ります。約15から20分行き、跨海大橋まで行くと、通梁村に到着。
公共交通機関:

1. 飛行機で「馬公空港」へ
2. 船で「馬公港」へ

バリアフリー交通情報

台湾トリップ(台湾好行)媽宮‧北環状線シャトルバスに乗り換え(ノンステップバスは予約制)「 通樑ガジュマルバス停」で降りる。時刻表は、台湾トリップ(台湾好行)のウェブサイトでご確認ください。

  • 車いす対応トイレの外観

    車いす対応トイレの外観

  • 車いす対応トイレの内部

    車いす対応トイレの内部

  • バリアフリーの通路

    バリアフリーの通路

ツアー

周辺情報

最終更新日時: 2020-02-24
トップ 前のページ