メインコンテンツへ飛ぶ

渓頭自然教育園区

南投県旅行スポット
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 渓頭自然教育園区
  • 渓頭自然教育園区の大学池

渓頭は鹿谷郷鳳凰山麓に位置し、北勢渓の源にあるので「渓頭」という名がつけられました。三方が山に囲まれ、雨量も多く、一年を通して涼しく湿潤なことから、避暑地やハネムーンの地として有名です。渓頭は台湾大学実験林場で、場内には杉や柏、紅檜(ベニヒ)、イチョウ、モウソウダケなどが多いです。一部の地区に天然の広葉樹林が完全な形で残っていますが、大部分は人工林です。台湾で唯一イチョウだけの林や貴重な化石植物「水杉」、高さ46m・合計直径16m・樹齢3千年に近い渓頭神木などが見どころです。また、青年活動センターやバードウォッチング散歩道、宿泊エリア、キャンプ場、レストランなどの施設も揃っています。面積0.5ha、水深10mの大学池は渓頭を代表する景観です。この一帯には7千種類におよぶ中海抜地帯の鳥類が棲息しており、タカサゴミソサザイ、コウグイス、トラツグミなどが代表的な鳥たちです。園内の建築物は竹や原木を使用しており、木々のなかにとけこみ、1つの風景をつくりあげています。

(1) 竹類標本園
台湾固有の竹類および世界の竹類の珍種46種を収集してある世界でもめずらしい竹の植物園です。

(2) 銀杏林
台湾ではめずらしい銀杏の美しい林です。植林したのち、孫の代になって始めて実がなるため、「公孫樹」とも呼ばれています。地質時代からその種を持続している裸子化の植物です。

(3) 杉林森林浴
園内には針葉樹が密生しており、新鮮な酸素に満ちて森林浴にはもってこいのところです。うっそうと茂った林の中を散歩してみませんか。

(4) 大学池
風光明媚な池に孟宗竹で作った弓形の橋がかかり、風情を添えています。池の端にはアメリカから取り寄せた5 本の落羽松が植えられ、異彩を放っています。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道3号→竹山インターチェンジで降りる→省道台3線→県道151線

公共交通機関:

1. 鉄道で「台中駅」下車、杉林渓行きの台中客運バスに乗り換え、「渓頭バス停」下車。
2. 鉄道で「台中駅」下車、杉林渓行きの員林客運バスに乗り換え、「渓頭バス停」下車。

ツアー

最終更新日時: 2019-03-11

周辺情報

トップ 前のページ