メインコンテンツへ飛ぶ

烏山頭ダム風景区(珊瑚潭)

台南市バリアフリー旅
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 烏山頭ダムと八田与一
  • 烏山頭ダム
  • 天壇
  • 台南芸術大学
  • 八田与一紀念園区

情報

電話番号:
+886-6-6982103
所在地:
台南市官田区嘉南里68-2号
経度/緯度:
120.36931/23.203286
リンク:
烏山頭ダム風景区(珊瑚潭)_観光関連リンク

バリアフリートイレ:車いす対応トイレ:2

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:1

車いすの貸出し:車いすの貸し出し:1

話題タグ

烏山頭ダムは台南市官田区に位置しています。サンゴが枝を広げた湖岸の描線ため、空中より俯瞰すれば、まるで蒼いのさんご礁のように見えます。それゆえ「珊瑚潭」と名づけられました。嘉南地区を潤す灌漑用ダムであり、また台南全域に給水される公共施設用原水と工業用水を混ぜ合わせる拠点でもあります。そしてまたその湖畔は木々が林立し静寂で幻想的な景観を呈している風景区でもあります。

湖水は曾文渓流の三十以上の大小からなる支流が四方八方から集まったものです。貯水ダムのため、 放水口から大量の水がよく放出されます。夕焼けが飛沫に反射する様はまるでいくつもの雫が夕焼けとダンスしているかのごとくで,その光景を「珊瑚飛泉」と呼ばれています。

日本統治時代の1930年(昭和5年)に水利技術者、八田與一によって計画設計されたこのダムは、粘土・砂・礫を使用したセミ・ハイドロリック・フィル工法(コンクリートをほとんど使用しない手法)によりダム内に土砂が溜まりにくくなっており、近年これと同時期に作られたダムが機能不全に陥っていく中で、しっかりと稼動していており、国宝級のダムといわれ、また現在でも世界三大水利工事プロジェクトの1つと称えられています。現在ダムのそばには、八田與一の銅像が立っています。

営業時間

月曜日-日曜日07:00-17:30

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

1. 国道1号→新営インターチェンジで降りる→県道172線→省道台1線→県道174線→郷道南111線
2. 国道3号→烏山頭インターチェンジで降りる→郷道南116線→郷道南111線

公共交通機関:

1. 鉄道で「隆田駅」下車、興南客運バスの橘10番(台南芸術大学行き)に乗り換え、「烏山頭ダムバス停」下車。
2. 鉄道で「善化駅」下車、興南客運バスの橘4番(烏山頭ダム行き)に乗り換え、「烏山頭ダムバス停」下車。

バリアフリー交通情報

鉄道(TRA)「新營駅」または「林鳳營駅」で降り、新營客運バスの黄1番(六甲行き)に乗り換え(ノンステップバスは予約制)、「烏山頭ダムバス停」で降りる。時刻表は、バス会社のWEBサイトでご確認ください。

  • 車いす対応トイレの外観

    車いす対応トイレの外観

  • 車いす対応トイレの内部

    車いす対応トイレの内部

  • バリアフリーの通路

    バリアフリーの通路

最終更新日時: 2019-03-14

周辺情報

トップ 前のページ