メインコンテンツへ飛ぶ

日月潭玄奘寺

南投県古跡・寺院
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 玄奘寺
  • 日月潭玄奘寺
  • 玄奘寺の鐘楼

情報

電話番号:
+886-49-285-5668
所在地:
南投県魚池郷日月村中正路389号
経度/緯度:
120.91713/23.847366
リンク:
日月潭玄奘寺_観光関連リンク

話題タグ

徳化社から西へ約4.8キロ、前方に光華島を臨み、後方に青龍山を従える玄奘寺は1965年に建立された寺です。寺は2階建てになっており、玄奘(三蔵法師)の遺骨と金の釈迦像がそれぞれに奉られています。

玄奘は唐の太宗皇帝の命令で十数年の歳月をかけてインドへ赴き、650部あまりのお経をもらって帰った高僧です。このうち、弟子とともに75部を翻訳、1,335巻を作るなど、中国の仏教発展に大きな貢献をしています。玄奘の遺骨は日中戦争時代に日本人が南京から埼玉県の慈恩寺に移しましたが、1955年に日月潭付近の玄光寺に戻され、さらに玄奘寺の完成後、ここに納められたのです。

玄奘寺は正方形に敷き詰められた煉瓦が特徴の唐代建築様式で設計されています。寺内には蒋介石総統の言葉、「国之環寶」の四文字が書かれた額がかかっており、外には玄奘法師が西域に赴いた時の様子を描いた絵や三つの碑があります。碑文の内容は左が中日親善記念について、真ん中が玄奘法師の伝記について、右が中日の仏教交流記念についてです。このほか、門の前には二頭の石の象、本殿の前には大きな太鼓があります。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道1号→南屯インターチェンジで降りる→県道136線→省道台74線→快官インターチェンジで降りる→国道3号→霧峰システムインターチェンジ→国道6号→愛蘭インターチェンジで降りる→省道台14線→省道台21線

公共交通機関:

1. 高速鉄道で「台中駅」下車、日月潭行きの南投客運バスに乗り換え、「日月潭バス停」下車。
2. 鉄道で「台北駅」下車、日月潭行きの国光客運バスに乗り換え、「日月潭バス停」下車。
3. 鉄道で「台中駅」下車、日月潭行きの仁友客運バスに乗り換え、「日月潭バス停」下車。

最終更新日時: 2019-03-11

周辺情報

トップ 前のページ