メインコンテンツへ飛ぶ

宝蔵寺

彰化県古跡・寺院
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 宝蔵寺
  • 宝蔵寺の風光

情報

電話番号:
+886-49-2522836
所在地:
彰化県芬園鄉彰南路三段135巷100号
経度/緯度:
120.62796/24.002004

話題タグ

宝蔵寺は康熙年間に建てられた寺院で、草屯経由で彰化の必見スポットである芬園郷進芬村にあります。 1971年に寺全体が改修され、現在の姿となりました。古来から台湾中部の「三岩二寺(=鹿港龍山寺・芬園宝蔵寺と花壇の虎山岩・社頭の清水岩・南投の八卦山麓の碧山岩)」の一つと称されてきました。寺の境内には嘉慶年間の「宝山第一」の古い扁額や、道光年間の樟脳木の机など、多くの文物が保存されています。宝蔵寺の建築は、古(いにしえ)の風格が漂い、あたかも建物の壁は書画、そして柱は彫刻でできた建物と言ってもいいほどのものです。 中庭を抜けると本堂があり、そこには玉皇大帝、天上聖母、観音菩薩など、100体近くの像が奉納されており、お線香の煙に囲まれています。本堂の裏手に行き、二階に登って霊廟の絵を見ると、階上からはとても広い景色を眺めることができます。

宝蔵寺は何度も改修されています。寺院は「三殿双護龍建築」と呼ばれるもので、前殿は三間の幅で、木造の屋根は当時、彰化に住んでいた広東出身の職人が作ったもので、精緻な技法を用いて作られていました。しかし近年の改修の際、中国からの石彫りに取って代わられたため、昔の風格は失われてしまいましたが、正殿と前殿は、今も木造の姿をとどめており、加えて三川殿の龍虎の土彫も一見の価値があります。正殿の上には「宝山第一」と書かれた扁額があり、寺の重要な古跡となっています。1995年には寺の後方に大型駐車場、登山道、展望台、公衆トイレなどが整備され、宝蔵寺は古刹として有名なだけでなく、景観、自然生態、人文科学の価値観が融合した社会的・教育的な場となっており、レクリエーションと教育の両方に最適な場所となっています。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道3号→草屯インターチェンジで降りる→省道台14線→芬草路二段→彰南路四段至三段→彰南路三段135巷

公共交通機関:

鉄道で「彰化駅」下車、彰化客運バス6919(南投行き)に乗り換え、「宝蔵寺バス停」下車。

周辺情報

最終更新日時: 2021-02-05
トップ 前のページ