メインコンテンツへ飛ぶ

張学良旧居

「少帥」と称せられる張学良は、奉天軍閥の領袖・張作霖「大帥」の長男です。1936年に楊虎城と共に「西安事件」を首謀し、当時国民党政府の軍事委員長であった蒋介石に対し、共産党掃討作戦を中止して共に抗日戦線を張るように迫りました。中国近代史におけるキーパーソンです。1946年、張学良は重慶から台湾へやってきて、50年におよぶ幽閉生活を余儀なくされました。その中の13年間をこの場所で過ごし、無数の事績や知人との往来の記録を残しています。館内には張学良にまつわる歴史資料や貴重な写真、また、著作や知人の来訪記録などが展示されています。2014年に旧張学良旧居として修復され、原住民族館と統合して「張学良文化園区」として公開されています。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-3-5856613
所在地:
新竹県五峰鄉桃山村清泉256-6号
経度/緯度:
121.105608/24.572706
自家用車:

国道3号線を竹林ICで下り、120号線を竹林大橋で右折し、竹東へ。122号線を南へ進み、五峰郷を経由すると到着。

公共交通機関:

台鉄新竹駅から新竹客運バス清泉行きに乗り、清泉バス停で下り、徒歩すぐ。