メインコンテンツへ飛ぶ

鹿港鎮の工芸、美食、古蹟

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

鹿港はかつて台湾中部の経済、交通の中枢でした。台湾には「一府二鹿三艋舺(清朝時代に栄えた台南、鹿港、万華を表す言葉)」ということわざがあり、かつての鹿港の輝かしい黄金時代を表現しています。

鹿港は文化の古都であり、傑出した人材と文物が集結し、商業が発展していました。清朝時代には貿易港として通商が盛んに行なわれ、あらゆる物資が集まり、繁栄を極めていました。この土地には各地の移民が集まってきたため、自然とさまざまな郷土グルメがもたらされました。このため、今でも他の地域に比べて名物料理が多くなっています。美味しい海鮮料理のほか、各種中華菓子や独特な風味をもつB級グルメなど。鹿港を訪れたら、古跡や景観スポットの参観や工芸美の鑑賞のほか、各種グルメを賞味するのもお忘れなく。鹿港は一度訪れると、知識も胃袋も満足させられるスポットです。たくさんの収穫がある旅となるはずです。

鹿港、台中、南投は台湾中部における観光の「ゴールデントライアングル」となっており、台湾中部で必ず訪れたいスポットです。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
所在地:
彰化県鹿港鎮
経度/緯度:
120.4333333/24.0500000
公共交通機関:

高鉄:台中駅で下車後、観光シャトルバス「台湾好行」鹿港線に乗り換え。

台鉄:彰化駅で下車後、観光シャトルバス「台湾好行」鹿港線に乗り換え。