メインコンテンツへ飛ぶ

921地震教育園区

台中市芸術文化の展示館
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 地震で倒れた校舎
  • 地震で隆起した地面
  • 921地震教育園区
  • 防災教育館

情報

電話番号:
+886-4-2339-0906
所在地:
台中市霧峰区中正路46号
経度/緯度:
120.69962/24.042260

話題タグ

台中市霧峰区の「921地震教育園区」は世界中特別な自然科学教材で、1999年9月21日午前1時47分、台湾中部でマグニチュード7.3の強烈な地震が発生した断層のずれ、校舎の倒壊、河床の隆起など全て保存されています。全ての建設は2007年9月に完成され、車籠埔断層保存館、地震工学教育館、映像館、防災教育館、再建記録館などの展示館があります。921地震跡地の保存を行いながら、主に自然科学、ニューマニティー、歴史記録の3つの方面から展示と教育活動を行います。また、教育園区の建築も一つの特徴になります。

断層の通過によって造成された地景や校舎の倒壊状況をより鮮明にするため、当教育園区の建築物は展示館と地震で破損した校舎とを統合し、断層線上の地層の変動がもたらした影響をより一致した形で表現しています。また、建築物に使用した針や大地に隠れた糸で地震でできた亀裂を縫い合わせています。視覚の角度を利用して相対的高層を求め、活断層の落差値によって安全な距離をとっているので、建築物は原則的に断層のラインに従って移動します。そして地形や地上の様子に合わせて調整し、それぞれが自然に独立しながらも互いに連結した空間となっており、見る人に異なる空間体験を与えています。

車籠埔断層保存館:921大地震際の断層遺跡の景観を保存し、現在地と過去の共同記憶を連結し、真実の地表の様子や地球の地震科学知識を知ることを通して、人間と自然とが平和的に共存する関係を来館者に体験していただきます。

地震工学教育館:展示館では、安全な家、進んだ建築物の減震技術、公共安全など3大テーマを展示しています。来館者が地震と建築工程との関係を認識し、耐震建築の条件、新しい耐震建築の技術などを理解し、建築物の耐震性への重視や責任感を高めることができます。

映像館:光復中学校の旧スポーツセンターを改築してできた映像館では、921大地震に関連する写真や映像資料を集め、921大地震が人々の心に残した記憶を現実的に表しています。映像館にある三大シアターは、真情シアター、地心シアターと地震体験シアターです。3つのシアターにはそれぞれ特色があり、その背後にある意味合いを持っています。それらの映像や音声資料を見ることや自ら体験することにより、来館者に地震がもたらす震撼性や再建の希望を体感していただきます。

防災教育館:防災教育館の設立は、「事前の予防作業をよくすることは、事故発生後の救助より効果がある」と、このような理念に基づいており、関連の防災や避難の知識を広めることによって、国民が正しい防災概念を身につけることを期します。

再建記録館:921大地震発生後の再建経過を記録することを主軸とし、政府当局と民間が共同に進めてきた災害救助や再建成果の記録を現しています。再建記録館の建築デザインは、現存のトラックを活かすという趣向で、トラックを外部環境から展示区域内に引き伸ばして、移動式の展示ボックスで再建の記録を陳列し、リレー・レースのような長い再建の経過を表現しています。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道1号→彰化システムインターチェンジ→国道3号→霧峰インターチェンジで降りる→台3線

公共交通機関:

鉄道で「台中駅」下車、台中客運バスの100、107番に乗り換え、「光復新村バス停」下車。

最終更新日時: 2019-10-29

周辺情報

トップ 前のページ