メインコンテンツへ飛ぶ

恒春瓊麻工業展示区

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

恒春半島の肌に刺すような強烈な日差し、そして冬の山岳から吹き降ろす強風は、瓊麻(サイザル麻)の繁殖にとって最適な環境です。サイザル麻は1901年アメリカ領事達文生により中米から導入され、のち50年間恒春半島はサイザル麻はの重鎮となりました。しかしながらテクノロジーの進歩により、サイザル麻はナイロンに代わられ、サイザル麻産業は終焉を迎えることとなりました。

「瓊麻歴史展示館」は龍鑾潭の南側にあり、猫鼻頭に続く沿道にあります。入口にはサイザル麻彫刻作品があります。展示館は閩南(福建省南部)式の建築物で、三つの館に分かれています。第一館はチョウ館、第二館貝殼館です。第三館は主役的存在である瓊麻(サイザル麻)館です。またナレーションセンターもあり、リポートを通じて過去におけるサイザル麻工業の壮大な繁栄を垣間見ることができます。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-8-886-6520
所在地:
屏東県恒春鎮草潭路4号
経度/緯度:
120.744026/21.966865
自家用車:

国道3号→南州インターチェンジで降りる→県道187乙線→省道台1線→省道台26線→郷道屏153線

公共交通機関:

1. 鉄道で「高雄駅」下車、墾丁行きの墾丁列車(9117番)に乗り換え、「恒春ターミナルバス停」下車。また、墾丁行きの墾丁街車(藍線)に乗り換え、「瓊麻館バス停」下車。
2. 高速鉄道で「左営駅」下車、鵝鑾鼻行きの墾丁列車(9188番)に乗り換え、「恒春ターミナルバス停」下車。また、墾丁行きの墾丁街車(藍線)に乗り換え、「瓊麻館バス停」下車。
3. 鉄道で「高雄駅」下車、鵝鑾鼻行きの墾丁列車(9188番)に乗り換え、「恒春ターミナルバス停」下車。また、墾丁行きの墾丁街車(藍線)に乗り換え、「瓊麻館バス停」下車。
4. 高速鉄道で「左営駅」下車、墾丁行きの墾丁快線(9189番)に乗り換え、「恒春ターミナルバス停」下車。また、墾丁行きの墾丁街車(藍線)に乗り換え、「瓊麻館バス停」下車。