メインコンテンツへ飛ぶ

古龍頭振威第

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

振威第は正式には「提督衙」といいます。清代の海軍提督李光顕の旧家ですが、海賊退治などに残した功績を称えて亡くなったあと、振威将軍とおくり名されたことから、振威第の名称が通用しています。200年近い歴史をもっております。

そのもっとも特徴的なところは背面にある3つの「石敢当」碑です。石敢当は古代、魔除けのために路上に建てられたもので、獣の形状に彫られ、「泰山石敢当」や「石敢当」などの文字が刻まれています。3つの石敢当のうち2つは花崗岩で「石敢当」の文字が壁面に彫られています。もう1つは敷地の隅にあって、碑頭には獅子の頭が浮き彫りにされて、その下に「泰山石敢当」の文字があり、きわめてめずらしいものです。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-82-325643
所在地:
金門県金寧郷北山21号
経度/緯度:
118.311985/24.478424
リンク:
古龍頭振威第 観光関連リンク
公共交通機関:

飛行機で金門へ。
金門交通情報