メインコンテンツへ飛ぶ

天主教ロザリオ聖堂

高雄市古跡・寺院
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 天主教ロザリオ聖堂
  • 天主教ロザリオ聖堂の外観

情報

電話番号:
+886-7-221-4434
所在地:
高雄市苓雅区五福三路151号
経度/緯度:
120.29165/22.620292
リンク:
天主教ロザリオ聖堂_観光関連リンク

話題タグ

高雄市前金区五福三路にある天主教ロザリオ聖堂は、清の咸豊年間に建てられました。俗に前金天主堂と呼ばれています。李安斯神父が募金を集めて建設しました。ゴシック式の建築で、聖堂の中央の祭壇には聖母像が奉られています。台湾で最初のカソリック教会です。

この教会は、清の咸豊9年(1859年)に、スペイン人宣教師、テルジランド神父(Rev.Terdirand)とボフルル神父(Rev.Angel Bofurull,o.p.)の2人が台湾で宣教した際に建てられました。1860年に改築され、「ロザリオ聖母堂」と名づけられました。1928年にルネサンス式建築として再建されました。特に天井のアーチの装飾の線が美しく、幾何学的な図案の美しさがあります。聖壇の厨子や、聖卓には、中国風の彫刻があり、台湾で最も装飾芸術に富んだ教会と言われています。現存する天主教ロザリオ聖堂は1931年に完成したものです。

 

 

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道1号→高雄インターチェンジで降りる→中正一路→五福一路から三路

公共交通機関:

高速鉄道で「左営駅」或いは鉄道で「高雄駅」下車、MRTに乗り換え、「中央公園駅」下車。

最終更新日時: 2019-03-12

周辺情報

トップ 前のページ