メインコンテンツへ飛ぶ
menu 検索

文台宝塔

金門県古跡・寺院
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 文台宝塔
  • 文台宝塔は付近を航行する船舶の指標になってきました。

情報

所在地:
金門県金城鎮古城村
経度/緯度:
118.30600/24.398746
リンク:
文台宝塔_観光関連リンク

話題タグ

花崗岩の石材を組み合わせて五層六角形の形状をした実心塔です。1387年に建てられ、600年にわたって付近を航行する船舶の指標になってきました。規模は決して大きなものではありませんが、質朴の中に独特の情緒を現在に伝えています。塔頂には文字が刻まれ、台座には明朝の人陳揮が1607年にしるした墨跡や近代の画家張大千による墨宝があり、それぞれ味わい深いものです。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
公共交通機関:

飛行機で金門へ。
金門交通情報

ツアー

周辺情報

最終更新日時: 2020-06-23
トップ 前のページ