メインコンテンツへ飛ぶ

台北文化・古跡めぐり日帰りコース

古跡巡り

話題タグ

ツアールート

1日目

バンカ龍山寺
バンカ龍山寺
バンカ(現在の萬華)は台北市でも開発の最も早かった地区です。更に台北第一の名刹龍山寺は地元住民の信仰、活動、集会及び指揮の中心となりました。 伝説によると、昔ある人が観音菩薩のお守りを一本のガジュマルの大木に掛けておいたところ、夜になると突然に光だしました。更に不思議なことにはとても霊験あらたかで...
台北孔廟
台北孔廟
台北孔廟は大同区大龍街の保安宮の付近に位置する廟で、曲阜本廟、州文廟、泉州文廟を手本に建造されています。南向きの正門、半円形の黄色い瓦とともに、柱、門、窓に文字の刻みがないのが特徴です。大成殿は地盤が高く、屋根には主殿たる二本の通天柱(蔵経塔)が立ちます。毎年、9月28日に大成至聖先師(孔子)を奉る...
大龍ドウ保安宮
大龍ドウ保安宮
大龍ドウは淡水河と基隆河の合流地点に位置し、早くから開発され、保安宮が信仰の中心となりました。保安宮の敷地は広々としていて、1805年から建設が始まりましたが、工事はとても大変なものでした。また、石材、木材は全て中国大陸から運び、廟を建設する棟梁も大陸から招いたので、工事は期間を分けて施工され、...
最終更新日時: 2019-03-19
トップ 前のページ