メインコンテンツへ飛ぶ

馬祖一日コース

バリアフリー旅行

ツアー特色:

八八坑道は、その昔戦争に備えて銃器や弾薬を保管するために使われていた地下道であったが、現在は酒蔵として利用されている。近くの馬祖酒工場ではお酒に関する歴史や作り方が紹介されているほか、美味しいお酒も試飲することができる。民俗文物館の内部はすべてバリアフリーとなっており、伝統文化や歴史、芸術が展示されている。南竿ビジターセンターには観光案内サービスのほか、各種グルメも味わえる。媽祖宗教文化園区は馬祖を代表する観光名所。ここには世界最大の媽祖像が祀られており、馬祖住民の重要な信仰の場となっている。最後は馬祖の伝統的な建物が見られる津沙集落へ行ってこの旅を締めくくろう。

話題タグ

1日目

馬祖酒廠
馬祖酒廠
南竿島復興村にあり、主に高梁酒、大麴酒及び老酒を生産しています。工場内ではおいしい天然水を使って酒を釀造しているので、ここで生産される酒はどれも上等品です。特に老酒は人気があります。工場内には展示コーナーも設置され、珍しい酒造用具も保存されています。
八八坑道
八八坑道
南竿島にある八八坑道は、戦争に備えて銃器や弾薬を置くために使われていた全長約210mの地下道で、地下道内は冬暖かく夏は涼しいため、酒壷を保管しておくのに適しています。
民俗文物館
民俗文物館
馬祖の文化と生活を理解するには、馬祖民俗文物館を訪れるのが良いでしょう。館内にはたくさんの文物と古い写真が展示されています。また、かつての暮らしを再現した模型などがあります。音響効果抜群のフィルム紹介もあり、必見のスポットです。

バリアフリートイレ:車いす対応トイレ:1

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:1

南竿ビジターセンター
馬祖国家風景区管理処は1999年11月26日に正式オープンし、区内の建設計画、および経営管理を専門に担っています。馬祖は伝統的な閩東式石家屋、海蝕奇観、飛翔するアジサシの群れなど、これらが桃源郷と言われる美しい景色を作りだしています。さらに、本場福州のグルメも独特な風情を発しており、文人やグルメたち...

バリアフリートイレ:車いす対応トイレ:1

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:2

車いすの貸出し:車いすの貸し出し:1

馬祖天后宮
津沙集落
津沙は雲台山下方に位置し、南竿島西南に突き出た湾です。南竿郷において中国に最も近く、最も大きい漁村です。かつては金色のきめ細やかな砂のビーチで、「金沙」と名付けられていましたが、後に「津沙(中国語では金沙と同じ発音)」と字が改められました。ここは夕日を観賞したり、ビーチを散策したりするのにベストなス...
最終更新日時: 2019-03-28
トップ 前のページ