メインコンテンツへ飛ぶ

嘉義故宮南院一日コース

バリアフリー旅行

ツアー特色:

国立故宮博物院は台湾の代表的な博物館で、故宮南院では台湾と中国の歴史や文化が展示されている。南院は全てバリアフリー設備で完備されており、バリアフリーのシャトルバスも運行している。布袋港には観光案内サービスを提供しているビジターセンターがあり、現代的なホテルからは素敵な海の景色が満喫できる。嘉義の布袋海角公園には、世界的に知られるブルーのハイヒール教会がある。

話題タグ

ツアールート

1日目

国立故宮博物院南部院区(故宮南院)
故宮南院は嘉義県太保市に位置し、高鉄嘉義駅に隣接しています。博物館のメイン建築のほか、敷地内の中央には人工湖が設けられています。この人工湖の南端には景観ブリッジが跨っており、参観者はこれを通って博物館二階のエントランスホールへ進むことができます。 博物館の建物は中国の水墨画の「濃い墨」と「飛白(か...

バリアフリートイレ:車いす対応トイレ:3

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:3

車いすの貸出し:車いすの貸し出し:3

雲嘉南浜海国家風景区-布袋ビジターセンター
雲嘉南浜海国家風景区-布袋ビジターセンター
雲嘉南濱海国家風景区管理処は2003年12月24日に成立しました。雲林県・嘉義県・台南市と、南部の三つの県と市にまたがります。北は牛挑湾溪、南は塩水溪、東は台17線、西は沖合い20メートルまでを範囲とします。陸の面積は3万3413ヘクタール、海の面積は5万636ヘクタールです。 「雲嘉南濱海風景区...
青色のハイヒール
高さ17m、幅11mのハイヒール教会。主要構造は1,269本の鉄筋から構成されており、外壁には、320枚余りのガラスが施され、美しさを引き立しています。本教会のデザインと装飾は台湾一であるだけでなく、世界唯一を誇ります。大小異なる320枚余りのガラスは、それぞれ違った角度に取り付けなければならず、ハ...

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:1

最終更新日時: 2019-03-28
トップ 前のページ