メインコンテンツへ飛ぶ

台北美食三日コース

美食彩々古跡巡り ナイトマーケット

話題タグ

ツアールート

1日目

花博公園
花博公園
「2010台北国際花の博覧会」(略称『台北花博』)は、台湾で初めて国際的認定を受けて開催された世界レベルの博覧会です。市民からの熱意と支持のもと、171日間の開催期間中、参観者896万3,666人という輝かしい記録を残しました。台北花博が円満に閉幕した後も花博の『美の力』を継続させるために、台北市政...
士林観光夜市
士林観光夜市
士林夜市は台北市で最大規模を誇るナイトマーケットの一つで、陽明戯院(映画館)、慈誠宮を中心に、文林路、大東路、大南路などにぎやかな通りから成り立っており、なかでも、士林市場は1910年に建てられた古い歴史を有するマーケットです。各種の台湾小吃(B級グルメ)は内外にその名を馳せており、B級グルメを求め...

2日目

台北偶戯(人形劇)館
台北偶戯(人形劇)館
台北偶戯館(人形劇博物館)が市内の京華城ショッピングモールそばに開館しました。開館を記念して、九歌児童人形劇団、小西園指人形劇団、米国InterWACtive、メキシコ高足隊、ブルガリア国立Varna劇団、淇浬岸親子指人形劇団らが公演をおこない、虎退治の物語、西遊記の孫悟空の活躍に子供たちは大喜びで...
慈祐宮
慈祐宮
慈祐宮は松山駅(鉄道)の手前、約800坪の敷地に建設された廟です。清朝乾隆11年から乾隆22年にかけて、福建、広東からの移民によって創立されました。正殿には祖が奉られていることから、松山祖とも呼ばれます。毎年、旧暦3月26日には多くの参拝者が訪れます。
饒河街観光夜市
饒河街観光夜市
饒河街夜市は松山駅に近く、士林や華西街の夜市と較べると規模は小さいですが、600mの通りに衣服、靴、アクセサリー、伝統工芸品、小吃などの店がぎっしり並んでいます。また、付近には既製服の卸売りで有名な「五分埔商業エリア」があるので、おしゃれな方には必見です。 饒河街の名物は骨付き豚肉を使った薬膳スー...

3日目

剥皮寮老街
剥皮寮老街
台北市萬華区老松国小(小学校)の南側に位置する剥皮寮老街。康定路173巷にあたり、老街北側の街屋と老松国小の校庭に接しており、また南側の街屋は広州街に近隣しています。明治二十九年(1896)に創立した老松国小は、百年以上の歴史を誇り、その校舎の北棟は台北市の古蹟に指定されています。また東、西棟もまた...
清水巖
ばんか清水巌は「祖師廟」とも呼ばれており、1787年に建立されました。主神の清水祖師は安渓県の移民が故郷から迎えてきました。全部で7神で、その中の蓬莱祖師は最も霊験があり、「落鼻祖師」と呼ばれています。言い伝えによると天変地異の起こる時には、祖師の鼻がひとりでに落ちて、信者に警告をし、災害が終わると元どおりになると言われています。   祖師廟の歴史は長く、前殿の中門前に一対の頑丈な龍柱があります。さらに両側の山壁(地面から屋根より高く伸びた壁)には18世紀末から19世紀初期にかけての煉瓦の彫刻があり、これはこの廟の中で最も古い芸術品です。その他梁、石壁、龍柱にも清朝の年代が彫られており、どっしりと飾り気のない作品です。ゆえに祖師廟は台湾で清朝時代中期の特色と芸術水準を最も備えた廟です。
華西街観光夜市
華西街観光夜市
華西街観光夜市は龍山寺に近く、広州街、梧州街、西昌街などのナイトマーケットから成り立つ大きな夜市です。ピンからキリまで何でも揃っており、内外の観光客が一度は訪れてみたいと思う観光スポットの一つです。そもそも華西街は風俗産業が密集する場所として知られていました。しかし、台北市政府による風紀取締り後は観...
最終更新日時: 2019-09-03
トップ 前のページ