メインコンテンツへ飛ぶ

緑水合流歩道

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

太魯閣国家公園緑水管理所近くの緑水合流歩道は合歓越嶺古道の一部分を整備したもので、山の中腹を行く小道からはかつての旧道の雰囲気が十分に感じられます。また、公園内で最初のセルフ解説付きハイキングコースで、中横公路、緑水台地、立霧渓谷の景色を眺めるにも最適です。

歩道の出入口は太魯閣口から17キロ、大型解説牌のある緑水管理所右と新しくできた合流キャンプ場近くの2ヵ所にあり、中横公路172キロ地点の上方が見所になっています。

コースは始め木々生い茂る森林の小道が続き、しばらく行くと渓流にかかる小さな吊橋、さらにそこから約20分ほど行くと小さなトンネルがあります。これを抜けて、尾根の端にある絶壁の上に立つと、いくつものトンネルを縫うように走る中横公路を眼下に見渡すことができます。

スタート地点の緑水は階段台地地形で、タイヤル族の部落や太魯閣峡谷の地質に関して展示した地質景観展示館があります。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-3-862-1100~6
所在地:
花蓮県秀林郷
経度/緯度:
121.512286/24.178841
リンク:
緑水合流歩道 観光関連リンク
自家用車:

国道5号→蘇澳インターチェンジで降りる→台9線→台8線

公共交通機関:

鉄道:
1. 鉄道で「新城駅」下車、レンタカーで。
2. 鉄道で「花蓮駅」下車、花蓮客運バス(花蓮新駅―天祥)に乗り換え、「緑水バス停」下車。

航空:
華信航空で花蓮空港へ。それから、バスあるいはタクシー。

注意事項:

歩道開放状況