メインコンテンツへ飛ぶ

八斗子漁港と望幽谷

基隆市旅行スポット
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 望幽谷
  • 八斗子海濱公園
  • 八斗子漁港

八斗子は和平島の東南側にある島です。発電所の建設によって半島状に形成され、有名な望幽谷と八斗子海浜公園地区となりました。八斗子漁港は1975年に建設された台湾北部の最大の漁港で、飛び魚やキビナゴなどの加工場もあります。

望幽谷は八斗子と長潭里間のV型の谷に位置し、谷地全体は緑に溢れ、起伏があります。近くには八斗子漁港、遠くの海中には基隆嶼が眺められ、下へ下りることができます。この景色の中に身を置くと、すべての愁いを忘れることができます。

崖っぷちのそばにある小道を下ると、幅約20メートルの浜辺が広がり、海食台や豆腐岩などの地質景観が点在しています。

環山路に沿って、小高い丘に登れば青い海と空が広がります。夜ともなれば、漁火と海浜道路の街灯が相互に輝き、美しい夜景を織りなしています。遠くには山中にある九分の町の光が見え、いつもとは違った風情を感じられます。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:
国道1号→基隆端インターチェンジで降りる→東岸高架橋→中正路→省道台2線→八斗街
公共交通機関:

鉄道で「基隆駅」下車。また、基隆市バス103に乗り換え、「八斗子バス停」下車。

周辺情報

最終更新日時: 2022-12-29
トップ 前のページ