メインコンテンツへ飛ぶ

碧山巌開漳聖王廟

台北市古跡・寺院
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 碧山巌開漳聖王の入口
  • 碧山巌開漳聖王廟
  • 碧山巌開漳聖王廟の内部
  • 碧山巖登山歩道

情報

電話番号:
+886-2-27900657
所在地:
台北市內湖区碧山路24号
経度/緯度:
121.58771/25.097074
リンク:
碧山巌開漳聖王廟_観光関連リンク

話題タグ

「碧山巌」は台北市内湖の碧山にあります。廟の中には、民族英雄と称えられる陳元光と、その部下である李伯瑤と馬仁という二人の将軍が祀られています。唐の末期に福建省の漳州地方を開いた陳玉光は、漳州の人々の守護神とされ、「開漳聖王」と称えられました。 碧山巌は台湾最大の開漳聖王の廟であり、参拝者の線香の煙が絶えません。

伝説によると、漳州に住んでいた黄という人が、家族と共に台湾に移り住んだ時、この地を非常に縁起の良い場所と見立て、石の祠に線香を上げて帰ったと言われます。その後、山のふもと一帯で山賊が横行し、家を奪うなどして、人が住めなくなっていました。1751年、山賊が山頂への攻撃を計画していたとき、突然、山頂に尖った刃が現われ、軍太鼓鳴り響きました。その時、線香が吊るされていた神石が3つに分かれ、真ん中の石が聖王・陳玉光、そして左右の石は李伯瑤と馬仁の2人の将軍となりました。3つの岩は山を転がり落ち、山賊たちは武器を捨てて逃げ出した。これを知った近隣の住民は、ここに参拝に訪れ、神々に感謝して、小さな石造りの廟を建てました。その後、参拝者の増加に伴い、同じ場所に本堂が建てられました。その後、地域の多くの人々や信者、寺の運営者の努力により、何度かの自然災害を乗り越え、改築を経て現在に至っています。

廟の前の広場からは、台北盆地のほか、蛇行する淡水河や鯉魚山・棚田などを見渡すことができ、水と山の美しさが際立ちます。また夜には台北101や圓山大飯店の美しさを堪能できます。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道1号→內湖インターチェンジで降りる→成功路二段から四段→金龍路→內湖路三段→碧山路

公共交通機関:

高速鉄道あるいは鉄道で「台北駅」下車、台北MRTに乗り換え、「內湖駅」下車。また、台北市バス小2に乗り換え、「碧山巌(白石湖吊り橋)バス停」下車。

周辺情報

最終更新日時: 2021-03-26
トップ 前のページ