メインコンテンツへ飛ぶ

九份、金瓜石二日コース

古跡巡り

話題タグ

1日目

九份
九份
その昔、九份に暮らす人々はわずか9世帯で、道が通っていなかった頃、すべての物資は水路を使って運ばれていました。当時、なにかにつけ「9世帯分」の物資を調達していたため、その名がついたといわれます。 台湾東北部の丘陵地で山を背にし海に面した土地柄の九分はかつて金鉱として栄えました。1890年に金脈が掘...

2日目

新北市立黄金博物館
新北市立黄金博物館
台湾の北端にある新北市瑞芳区金瓜石は山を背に、海に面した小さな町です。今は寂しい海沿いの町ですが、日本統治時代、金と銅の産地として繁栄を極めました。その後、鉱脈が掘りつくされ、さびれてしまいましたが、このほど、新北市が3年の歳月をかけ、金瓜石の文化的史跡とレジャーを融合した「黄金博物館」を設立し、脚...
最終更新日時: 2019-03-19
トップ 前のページ