メインコンテンツへ飛ぶ

奥万大国家森林遊楽区

南投県レジャーパーク
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 奥万大国家森林遊楽区の風景
  • 奥万大国家森林遊楽区

南投県仁愛郷霧社の東南方にあり、東が馬軍山で、西が万大地域で、南が万大渓に接続し、北が馬海僕(バカイボク)富士山と堺し、台中市と98キロメートルと離れております。高山河谷地形に属し、標高1100-2600メートルの間にあり、最低処が渓谷で、最高点が馬海僕富士山との接続点です。南から北へ、徐徐に昇って、尾根が大抵南北向きで、渓谷や地形緩やかな平台へので、脊線が明かではありません。幾つかの台地が当区の特別な地形です。東南向きの坂が多く、傾斜度45%以上の坂が最も多く、原苗圃(現在のサービス施設区)、平台と原有歩道の沿い台湾電力の水道などの所を除き、より緩めです。両山の中に挟んで、茂密な松楓林で覆われる階段地勢が万大渓昔の遺跡です。現在、川底にはよく見当たれる軟石は証拠です。それも台湾の地勢が数十万年の間で、上昇し続けている証拠です。

かなり豊かな動物資源で、哺乳類、鳥類、両棲類、魚類と爬虫類などを含め、その中では、32科120種に近くの鳥類が最も多い(瀕臨絶滅保育類が4種、珍奇希有が13種、その他の保育類が21種と台湾特有種類が12種などを含む)。註:保育類の野生動物は三つのレベルに分けられ、極めて保育が必要の瀕臨絶滅、当地の珍奇希有とその他の保育類などです。

泰雅族の特色
当区は万大の後にあります。万大地域が多く泰雅族の原住民で、特色が毎年の豊年祭で、元旦時期に、豊作の一年を祝いのため、豊富な食物で外来客を招待します。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道1号→彰化システムインターチェンジ→国道3号→霧峰システムインターチェンジ→国道6号→埔里端インターチェンジで降りる→省道台14線→大安路

公共交通機関:

1. 高速鉄道で「台中駅」下車、奥萬大行きの南投客運バスに乗り換え、「奥萬大バス停」下車。
2. 鉄道で「台中駅」下車、奥萬大行きの南投客運バスに乗り換え、「奥萬大バス停」下車。

最終更新日時: 2019-03-11

周辺情報

トップ 前のページ