メインコンテンツへ飛ぶ

大里

宜蘭県旅行スポット
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 大里海岸
  • 大里天公廟
  • 廟の前の広場
  • ススキの花

東北角海岸は大里まで来て風景を少し変え、海に突き出た岩場や豆腐岩(豆腐のように四角く区切られたようになっている岩)が目立って来ます。

浜海公路沿いの斜面に海を臨んで建つ大里天公廟は、参拝客の絶えない名刹で、玉皇大帝をまつっています。清の時代、1836年に建てられた時は小規模な寺でしたが、1904年に改築されて現在の様な堂々たる構えとなりました。廟からは広々と太平洋が見渡せ、沖には龜山島がおぼろげに浮かんでいます。廟の後方が草嶺古道の出口になっているのですが、その辺りには食堂が軒を連ねます。廟の右側にサービスセンターがあって、展示やインフォメーションサービスを行なっています。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道5号→頭城インターチェンジで降りる→省道台2庚線→省道台2線

公共交通機関:

1. 高速鉄道で「台北駅」下車、鉄道に乗り換え、「大里駅」下車。
2. 高速鉄道あるいは鉄道で「台北駅」下車、「宜蘭、羅東」行きの国光客運バスに乗り換え、「天公廟バス停」下車。

ツアー

最終更新日時: 2019-03-11

周辺情報

トップ 前のページ